ニュース&レポート

鈴木京香、被災地舞台の主演作で「中途半端には出来ない」映画『救いたい』完成披露試写会

救いたい

  • Facebookでシェアする
  • ツイートする
11月22日(土)公開の映画『救いたい』の完成披露試写会が、10日(月)、よみうり大手町ホールにて行われ、主演の鈴木京香をはじめ、三浦友和、貫地谷しほり、渡辺大、中越典子ら豪華キャストと神山征二郎監督、原作者の川村隆枝が舞台挨拶に登壇した。
鈴木京香、被災地舞台の主演作で「中途半端には出来ない」映画『救いたい』完成披露試写会

映画『救いたい』は、震災から3年後の宮城で、麻酔科医の妻と被災地で地域医療に従事する夫を軸に、さまざまな傷を抱えながらも明日に向かって生きる人々を描いたドラマ。原作は、川村隆枝著の「心配ご無用 手術室には守護神がいる」。

舞台挨拶で神山監督は、「被災地が舞台ですから、独特の緊張がありました。ですが、撮影をしていくうちに不思議と自分の心が澄んでくるような気持ちになりました。一生懸命やりました」と挨拶。原作者の川村氏は、「夢は叶うものですね。原作は麻酔科医についての本でしたが、こんなに豪華なキャストの皆さまによって単なる医療の映画ではなく、日本人の優しさ、たくましさ、そして勇気づけられる映画になりました」と満足げに語った。

川村氏をモデルにした主人公の女医・川島隆子を演じた鈴木は、「素敵な映画に仕上がりました。心優しくて力強い人達の話です。私が仙台出身だからこそお声がかかったという事もあると思いますが、だからこそ中途半端には出来ない、という恐怖心はありましたが、それでもやはりこの役を演じたいと思いました」と振り返った。

隆子の夫で、震災を機に被災地で診療所を立ちあげた貞一役の三浦は、「映画は現実を忘れさせてくれるものですが、今回の映画は現実を見せつけられる映画です。面白かった!というようなタイプの映画ではないですが、普段はあまり言いませんがぜひ人に勧めてください」と真摯にアピールした。

隆子の部下で若い麻酔科医・鷹峰純子を演じた貫地谷は、「やるまでにとても勇気がいる脚本だと思いました。ですが、養成所時代から憧れていた神山監督の作品に出演できるのなら絶対やりたいと思いました」と本作への思いを吐露。純子に惹かれていく自衛隊員の三崎を演じた渡辺も、「僕も出演については悩みました。震災のあった日にテレビで知ったのですが、この現実を目の当たりにする一歩を踏みこむのにどうしたら良いのか。そして撮影初日に忘れてはならない震災のことを改めて感じました」とその思いを語った。

貞一の診療所の看護師・美奈役の中越は、「この作品を観て胸に突き刺さる何かかきっとあると思います。覚悟してぜひ観て下さい。自分では(現地へ赴いたり)何も出来ていなかったのですが、この作品に出演できる機会に恵まれて良かった、ありがたく思います」とコメント。

最後に鈴木は「もたれかかっている訳ではないのに、支え合っているという夫婦の在り方がとても素敵に描かれています。被災地の大変なことだけではなく、現地で自分らしく職業を全うしようと努力している人たちを、奇をてらわずに丁寧に描かれた作品です」と改めて映画の魅力をアピールし、「監督キャストの思いはもちろんですが、地元の方々の思いがこれからこの映画をご覧頂いて、少しでも皆さんのもとへ伝わればと思います」と会場にメッセージを贈った。
2014年11月11日
『救いたい』
2014年11月22日(土)新宿ピカデリー他全国ロードショー
公式サイト:http://sukuitai-movie.jp