ニュース&レポート

『サマーウォーズ』ギガヒット祈願!満員御礼の初日舞台挨拶に、神木隆之介ら声優陣と監督が登場!

サマーウォーズ

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • ツイートする
  • Facebookでシェアする
8月1日に初日を迎えた細田守監督の最新作『サマーウォーズ』の舞台挨拶が、東京・新宿のバルト9で行われ、細田守監督をはじめ、主人公の高校生・健二の声優を務めた神木隆之介、健二の先輩・夏希役の桜庭ななみ、曾祖母役の富司純子らが登壇した。
画像:『サマーウォーズ』初日舞台挨拶

『サマーウォーズ』は、アニメ版『時をかける少女』の細田守監督が、世界の危機に立ち向かう田舎の大家族の活躍を描き、今年の夏、最も泣けるファミリー映画として注目を集める最新作。8月13日からは韓国で100館以上の公開が決定、8月5日よりスイスで行われるロカルノ国際映画祭コンペティション部門へ、日本のアニメーションとして初選出され、受賞が期待されている。

構想3年で本作を完成させた細田監督は「ようやく皆さんにお見せすることが出来ました。明るい映画だったので現場も笑顔が絶えることがなかった。この瞬間をみなさんと共有できて幸せです」と、感無量の様子。

アフレコは既に何度か経験済みの神木は、「食卓のシーンなど出演者30人が集まって一気に録りました。現場のあったかい空気が映画で伝わっていると思います」と自信のほどを語り、「(映画を観終わったら)皆さんでご飯を食べながら映画のことを話して欲しいです」とアピールした。

また、自身が演じた夏希をイメージした白いワンピースで登場した桜庭は「夏希という大切な女の子の声を担当させていただけて、本当に幸せでした。そして、今日、こんなに沢山のお客さんが集まってくれて幸せが2倍になりました。映画を見て、思わず故郷の鹿児島に電話しました。家族への感謝に気づかされる作品です」とコメント。

そして、映画にちなみ“夏に挑戦したいこと。やりたいこと”との質問には、「今ハマっているギターを一生懸命練習したい」(神木)、「鹿児島で家族とスイカ割りやバーベキューをしたい」(桜庭)と答え、ベテラン女優・富司は「日頃バタバタしているので、長野で本を読みながら静かに過ごしたい」と、思い思いのプランを明かした。

さらに、ロカルノ国際映画祭コンペディション部門に日本のアニメーションとして初選出されたことついて、監督が「ビックリしましたが、日本の田舎の家族の物語を、世界中のみなさんにどう受け止めてもらえるかが楽しみです」と抱負を述べると、3人は「おめでとうございます。これをきっかけに、全世界の人に映画のメッセージが伝われば」(神木)、「スイスは私も大好きな国。是非頑張ってきてください!」(桜庭)「日本の技術の高さをアピールしてきてください」(富司)とエールを送り、監督が自信を強めていた。

『サマーウォーズ』は新宿バルト9、池袋HUMAXシネマズ、梅田ブルク7他全国にて公開中!
2009年8月3日
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
『サマーウォーズ』
8月1日(土)新宿バルト9、池袋HUMAXシネマズ、梅田ブルク7他全国ロードショー
公式サイト:http://s-wars.jp/