ニュース&レポート

有吉弘行&小嶋陽菜登壇『テッド2』イベントに全国の人気“くま”キャラが集結

テッド2

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • ツイートする
  • Facebookでシェアする
8月28日(金)公開の映画『テッド2』の日本語吹替え版完成を記念したプレミア試写会が行われ、有吉弘行と小嶋陽菜(AKB48)が舞台挨拶に登壇。さらにテッドと、テッドの“くま友”で全国各地のご当地キャラ《くまモン、メロン熊、ゾンベアー、コーベアー、アルクマ》がお祝いに駆けつけた。
有吉弘行&小嶋陽菜登壇『テッド2』イベントに全国の人気“くま”キャラが集結

『テッド2』日本語吹替え版の完成を祝して行われたくまプレミアイベント。前作でテッドの日本語吹替えを担当し、そのハマり役っぷりが大きな話題となり吹替え版続投となった有吉は、「字幕の方が面白いので、ぜひもう一度字幕版を観て下さい!」と吹替え版鑑賞の観客にアピール。小嶋は「もふもふファンクラブ代表としてテッドを応援します!」と挨拶した。

黄色いドレス姿で登場した小嶋に対し有吉が、「今日の小嶋さんは胸元がエグい感じですね」と声をかけると小嶋は「エグいってなんですか(笑)!今日に合わせて仕上げてきました!有吉さんのタキシード姿は映画の中のテッドみたいでドキドキします」とリップサービス。有吉は「ドキドキなんてしてないだろ絶対!」と返しながら照れ笑いをみせた。また、日本一短い&もふもふなレッドカーペットを歩いた感想を問われた有吉は、「もふもふな感じもほとんどなくて、中途半端でしたね。滑りそうだし。映画も滑らないといいですね!」と早速毒舌で返していた。

『テッド2』の感想については「相変わらずくだらない映画ですね。下ネタもアメリカンジョークも満載で、まあ楽しいですよ。今回は感動するところも多かった」と有吉。小嶋は「今回はテッドが泣いちゃうシーンがあって、ちょっと感動しました」と、テッドに感動を覚えたと明かす一方、テッドがウケる理由について問われると「内容とかじゃなくて、クマがみんなすきなんですよ!」と実にシンプルな回答で会場の笑いを誘った。

さらにこの日は、日本語吹替え版完成のお祝いを直接伝えたいとして、テッドと、テッドのクマ友が大集合。熊本のくまモン、北海道・夕張のメロン熊、長野県観光PRキャラクター「アルクマ」、神戸のコーベアー、北海道のゾンベアーがサプライズで会場に訪れ、観客も大感激。登場するやいなや、小嶋に抱き付くテッドに「腰を振るんじゃない!」と有吉が突っ込み、会場がは大きな笑いに包まれた。

お祝いの気持ちを表現するために、くま友がダンスを披露する事となり、“日本一テッドの気持ちが分かる”有吉に、最もテッド愛を感じるくま友、“ベスト・サンダーバディ賞”を選んでもらうことに。小嶋にハグしてもらえる権利も獲得できるとあって、くま友は興奮した様子を見せながら、1作目の代表的な曲「サンダー・バディソング」にあわせて、それぞれ精一杯のダンスを披露した。

有吉弘行&小嶋陽菜登壇『テッド2』イベントに全国の人気“くま”キャラが集結

その中でも最も激しい動きを見せていたメロン熊にサンダー・バディ賞が贈られ、「怖いイメージ…」とちょっとだけビクビクした様子の小嶋にハグしてもらうはずが、自らハグをお見舞いし、他のくま友から羨望のまなざしを受けていた。

最後に、くま友の一員となってもらうために、テッドが小嶋へ“くま耳”をプレゼント。テッドの熱い視線を浴びながらくま耳をつけた小嶋も加わり、日本一暑苦しい記念撮影でイベントは幕を閉じた。
2015年8月18日
『テッド2』
2015年8月28日(金)より全国ロードショー