ニュース&レポート

モスクワが『トランスフォーマー3』一色に!ワールド・プレミア映像が到着

トランスフォーマー/ダークサイド・ムーン

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • ツイートする
  • Facebookでシェアする
過去2作で全世界興収15億ドル以上のメガヒットとなった『トランスフォーマー』シリーズ。最終章となる『トランスフォーマー/ダークサイド・ムーン』のワールド・プレミアが23日、モスクワで開催され、マイケル・ベイをはじめとするスタッフ&キャストが赤の広場に集結した。
モスクワが『トランスフォーマー3』一色に!ワールド・プレミア映像が到着
6月23日(木)より行われている、第33回モスクワ国際映画祭のオープニング作品として上映された『トランスフォーマー/ダークサイド・ムーン』。プレミア当日には、メイン会場となるプーシキン劇場前のグリーン・カーペットに、マイケル・ベイをはじめとするスタッフ&キャストが集結。マイケル・ベイは、本作を3Dで撮影したことについて、「スピルバーグやキャメロンに説得されて3Dで撮ることにしましたが、やる以上は『アバター』を越えるレベルにしなければなりません。実写撮影に3Dカメラを使いましたので、非常に困難な撮影の連続でした」と明かした。その2大監督も絶賛した世界最新の3Dは、従来の概念を覆すリアルな奥行きを見事に表現し、報道陣や観客から「アバター以上」という声がひっきりなしに聞かれた。

モスクワが『トランスフォーマー3』一色に!ワールド・プレミア映像が到着モスクワが『トランスフォーマー3』一色に!ワールド・プレミア映像が到着
監督のほかには、シャイア・ラブーフ、ロージー・ハンティントン=ホワイトリ-、ジョシュ・デュアメル、タイリース・ギブソン、ジョン・マルコビッチ、パトリック・デンプシーらも出席。主演のシャイア・ラブーフは、「映画の最後の1時間のアクションと3Dは、史上最高にクレイジーで濃いアクション・シーンです。他のどの映画のどんなアクション・シーンよりド派手だ」。また、USマキシム誌で、“現在最も美しい女性”に選ばれた新ヒロインのロージー・ハンティントン=ホワイトリーは、「この映画のVFXは別次元です。とても特別な映像を見ることができます」とそれぞれアピールした。

このモスクワ・ワールド・プレミアのダイジェスト映像では、予告編に収められていなかった映像とともに、赤の広場のプレミアを前にキャスト&スタッフがそれぞれコメント。ポクロフスキー聖堂(ワシリー寺院)をバックした巨大ステージで行われたリンキン・パークのパフォーマンスも織り込まれ、マイケル・ベイが遠くからライブ模様をちゃっかりカメラに収める様子も。このリンキン・パークのライブは、プレミアの後、2万5,000人の観客を前に2時間に渡って行われており、この日、モスクワは『トランスフォーマー』一色に染まっていた。

↓モスクワ・ワールド・プレミア ダイジェスト映像はこちら↓
2011年6月28日
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
『トランスフォーマー/ダークサイド・ムーン』
2011年7月29日(金) 最後のトランスフォームはあなたの目の前で始まる!!
公式サイト:http://www.transformersmovie.com/intl/jp/