ニュース&レポート

“不屈魂”に共感した清原和博が宣伝番長に就任!映画『ザ・ウォーカー』をPR

ザ・ウォーカー

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • ツイートする
  • Facebookでシェアする
6月19日(土)より公開される、デンゼル・ワシントン主演のサスペンス・アクション『ザ・ウォーカー』の「宣伝番長」に清原和博が就任。「元気のない日本に“不屈魂”を広める」べく、都内スタジオでテレビCMを収録し、記者会見に応じた。
画像:

『ザ・ウォーカー』は、文明が崩壊した近未来で、この世に残る最後の本をある場所に届けるため、30年もの間ひたすら歩き続ける男の姿を描いたサスペンス・アクション。

映画を観て、主人公の“不屈の魂”に共感したという清原は、「彼は30年間、使命の為に歩き続け、男らしくどんな困難にも立ち向かう。僕自身も9歳の頃から約30年間、野球を続けてきました。最初は「夢」として始めたけれど、最後は「使命」になっていった。「自分の野球人生」の幕をどこにしくのか…ウォーカーと同じ心境でした。彼の姿・生き様には共感を覚えます。」と、自身と主人公を重ね合わせて語った。

本作では、デンゼル・ワシントン演じるウォーカーと、ゲイリー・オールドマン演じるカーネギーといった、タイプの異なる2人のリーダー像も描かれている。自身が思い描くリーダー像について聞かれた清原は、「やはり原監督です。ひざの怪我をした時、怪我のことについて一切聞いてこなかった。僕を信頼してくれているんだ、と感動しました。リーダーというのは、みんなをまとめる役割。サムライジャパンとして、WBCで優勝を果たした姿は、とてもリーダー然としていました。」と、原監督を称えつつ、「その点で、僕は枠から外れるタイプだから、リーダーには向いてないかな」と、笑顔を見せた。

最後に映画について、自身の経験を交えながら「ターニングポイントはたくさんあります。巨人を辞めた時、野球を続けるか悩んだこと、ひざの怪我をした時、それに立ち向かったこと…。ウォーカーと通じるものがいっぱいありました。すべて、自分の心との戦いです。日々の進歩はなかなか見えにくいものですが、だからこそ、めげずに進み続けることが大切です。この映画は、「男として自分はここまで行けるか」考えさせられる映画です!」とアピール。そして、主人公と同じコート・サングラスを身にまとってフォトセッションに応じ、宣伝番長として『ザ・ウォーカー』をPRした。
2010年5月24日
『ザ・ウォーカー』
2010年6月19日(土)より、丸の内ピカデリーほか全国ロードショー
公式サイト:http://www.thewalker.jp/