ニュース&レポート

天海祐希、“美の女神”ケイト・ブランシェットと初対面!『マイティ・ソー バトルロイヤル』ワールドプレミア

マイティ・ソー バトルロイヤル

  • Yahoo!ブックマークに登録
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • ツイートする
  • Facebookでシェアする
11月3日(金・祝)公開の映画『マイティ・ソー バトルロイヤル』のワールドプレミアが、10月11日(現地時間)に米・ロサンゼルスで行われ、クリス・ヘムズワース、ケイト・ブランシェット、トム・ヒドルストン、そして日本語吹き替え版で声優を務める女優・天海祐希らが参加した。
天海祐希、“美の女神”ケイト・ブランシェットと初対面!『マイティ・ソー バトルロイヤル』ワールドプレミア

本作で、オスカー女優のケイト・ブランシェットが演じ、<マーベル・スタジオ作品初の女性ヴィラン>として世界中から注目される「死の女神・ヘラ」の声をつとめた天海は、華やかなトム・フォードのピンクのドレスで登場。

今回のイベント会場は、アカデミー賞授賞式の会場としても知られるハリウッドの歴史ある劇場エル・キャピタン・シアター(El Capitan Theatre)。全世界N0.1の「アベンジャーズ」シリーズ最新作のワールドプレミアとあって、集まった海外メディアは約300人。全長125mのレッドカーペットは本作でソーとハルクが闘う闘技場をモチーフにしており、およそ2500人のファンが会場に詰めかけた。会場の外にもソーやロキ、キャプテンアメリカなどのアベンジャーズキャラクターのコスプレをした熱狂的ファンが集まり、中には日本から来たファンの姿もあった。

そして、レッドカーペット上では、ヘラ役の世界的大女優ケイト・ブランシェットと天海祐希さんの2ショットが実現。映画祭常連のケイト・ブランシェットは、きらびやかなゴールドのドレスで圧巻の存在感。ケイトから「とっても素敵ね!」と気さくに声を掛けられると、天海は今回の初対面に大興奮。かねてからケイトを俳優として尊敬しているという天海は、今年1月にはケイトが出演する舞台を鑑賞するためにN.Yに行ったそうだ。ケイトは、天海が日本語吹き替え版で自身の声を演じていると知ると「あなたの声の演技、ぜひ聞いてみたいわ!次に日本に行った時には、ぜひ拝見させて頂くわね。きっとぴったりな、はまり役でしょうね」とコメント。

天海の印象について「ハンマー(ムジョルニア)に、ネイルもマッチしていて、そのうえルックスまでヘラそのものね!」と太鼓判を押した。まさに<最強にして美すぎるヴィラン>たちの対面が実現した。本家ヘラであるケイトからお墨付きをもらった天海は「お目にかかることができて嬉しかったです。映画では“死の女神”でしたけど、実際に会ったケイト・ブランシェットさんは“美の女神”でした!」と語った。最後には、天海とケイトの二人がともにソーの究極の武器ムジョルニア(ハンマー)をもった、2ショット撮影も実現し、感無量の様子だった。

ソー役のクリス・ヘムズワースは、日本のファンに向けて「日本のファンの皆さん、いつも熱心にサポートしてくれて本当にありがとう。これまでとは全く違ったワイルドで、クレイジーで、予測不能な映画になっていると思うので、ぜひ劇場で楽しんでね!」とコメント。天海と仲睦まじい2ショットも披露していた。このほかレッドカーペットには、日本でもファンが多いロキ役のトム・ヒドルストンや、タイカ・ワイティティ監督、マーベル・スタジオ代表のケビン・ファイギのほか、クリスの兄弟たちも登場し、レッドカーペットを彩った。

また、プレミア前日に行われたジャンケット取材では、天海がソー役のクリス・ヘムズワースと、日本でも人気キャラクターのハルクこと、天才科学者ブルース・バナー役のマーク・ラファロに直撃インタビュー。クリス演じるソーが雷神であることにちなみ、お土産として日本の雷神グッズをプレゼントすると、笑顔を見せていた。

『マイティ・ソー バトルロイヤル』『マイティ・ソー バトルロイヤル』『マイティ・ソー バトルロイヤル』『マイティ・ソー バトルロイヤル』『マイティ・ソー バトルロイヤル』『マイティ・ソー バトルロイヤル』

レッドカーペット サウンドバイツのコメント


天海祐希(吹替版 ヘラ役)
Q.今日初めて完成版をご覧になっていかがでしたか?
A.素晴らしく面白かったです。プレミアでアメリカのファンの方たちと一緒に観られて、こんなにも作品の公開を待ってくださっているんだなと思うと、早く日本の方にも観て頂きたいなと思います。劇場では、笑いや拍手が起こっていて、楽しかったです。
Q.今日、ケイト・ブランシェットさんにお会いできていかがでしたか?
A.お目にかかれて嬉しかったです。彼女の口の動きに合わせて、気持ちを乗せて日本語のセリフを話すときにも、ずっと私はケイトさんの声を聴いていたので。
映画の中では“死の女神”でしたけど、実際に会ったケイト・ブランシェットさんは“美の女神”でした!

クリス・ヘムズワース(ソー役)【※インタビュアー/天海祐希】
Q.今回はハルクと戦いましたが、アベンジャーズの中で「こいつとは戦いたくない」というメンバーはいますか?
A.誰でもかかってこい!だって奴らは所詮、弱っちい人間だから、俺の足元にも及ばないさ。
…と言いたいところだけど、それはあくまでもキャラクターとしてね。みんな大好きな仲間だから、できれば誰とも戦いたくないな。
Q.日本のファンの方にメッセージをお願いします。
A.日本のファンの皆さん、いつも熱心にサポートしてくれて本当にありがとう。
これまでとは全く違った、ワイルドでクレイジーで予測不能な映画になっていると思うので、ぜひ劇場で楽しんでね!

ケイト・ブランシェット(ヘラ役) 【※インタビュアー/天海祐希】
Q.日本語吹き替え版であなたの声を演じられて光栄でした。
A.次に日本に行った時には、ぜひ拝見させて頂くわ。きっとぴったりのはまり役でしょうね!
Q.あなたのお芝居を壊さないように一生懸命やりました。素晴らしい経験をさせて頂きました。
A.ありがとう。ハンマーにネイルもマッチしていて、その上ルックスまでヘラそのものね!

トム・ヒドルストン(ロキ役) コメント
この映画のクリスは、とにかく笑える事間違いなし!
肉体派のアクションスターというイメージが強いけど、実はコメディー俳優としても抜群なんだ。
今作では、そんな彼のお茶目な部分を存分に堪能できるんじゃないかな。

マーク・ラファロ(ブルース・バナー役/ハルク役) コメント
クリスも僕もマーベルも監督も、みんなこれまでとは違う何かを試してみたいと思っていたんだ。おかげで最高に楽しい映画に仕上がったと思うよ。ただ怒り狂っているだけのハルクじゃなくて、きちんと会話もできるってところが演じていて楽しかったね。

タイカ・ワイティティ(監督、コーグ役) コメント
こうしてプレミアを迎えて、改めて良い映画を作り上げたという達成感を感じているよ。作り手としては客観視出来ないから、自分では上出来だと思っていても、観客がどう受け止めるか分からないし、でも今のところ反応は上々でホッとしているよ。久しぶりに再会したキャスト達とこの映画の完成をこうして盛大に祝う事が出来てとても嬉しく思っている。
エネルギー全開のカラフルで賑やかな、僕らしいスタイルの映画に出来たと思うよ。目指したのは、なによりも楽しい映画にする事。観客が満面の笑顔で劇場を後にするようなね。
2017年10月12日
  • Yahoo!ブックマークに登録
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
『マイティ・ソー バトルロイヤル』
2017年11月3日(金・祝)バトル開始
公式サイト:http://marvel-japan.jp/THOR_BR