サービス終了のお知らせ
シネマトリビューンは、2021年3月31日を持ちましてサービスを終了いたしました。


これまでご愛顧いただき、誠にありがとうございました。

ニュース&レポート

伊達直人の敵は、ブタクサ!?花粉症のウエンツ瑛士主演、『タイガーマスク』初日舞台挨拶

タイガーマスク

  • Facebookでシェアする
  • ツイートする
梶原一騎・辻なおき原作による人気漫画を実写映画化した『タイガーマスク』が11月9日(土)に初日を迎え、主演のウエンツ瑛士とヒロイン役の夏菜、ミスターX役の哀川翔をはじめ、釈由美子、良知真次、勝信、平野綾、落合賢監督にタイガー3体、スペシャルゲストに主題歌を担当したAAAから浦田直也、伊藤千晃。さらにサプライズゲストとして三池崇史監督が登場した。
伊達直人の敵は、ブタクサ!?花粉症のウエンツ瑛士主演、『タイガーマスク』初日舞台挨拶

孤高のヒーローとして新たに生まれ変わった実写映画『タイガーマスク』。主人公・伊達直人を演じるにあたってのプレッシャーについて聞かれたウエンツ瑛士は、「プレッシャーはなくはないが、皆さんに背中を押されてがんばれたと思います」と答えた。

冬の寒い時期に行われた撮影は、<虎の穴>という設定から、洞窟の中で行われ、キャスト陣たちにとっても過酷な現場だったようだ。「毎日洞窟の中だったので、人間、太陽がないとだめだなと、つくづく思いました」とウエンツが答えると、哀川もまた「何かを吸い取られるような感じでした。」と撮影現場での思い出を語った。反面、洞窟のシーンがなかった夏菜は、ウエンツとのエピソードについて「初日に監督に言われ、30分ぐらい2人だけで部屋で話をしてくださいと言われました。私は<竹の子の里>というお菓子が好きなんですが、控え室に<きのこの山>がおいてあって、いつの間にか中身が<竹の子>に変わっていたんです。そんな優しいウエンツさんだったので、撮影もとてもいい雰囲気ですすめられたと思います」とウエンツの優しい一面を披露した。

終始、ウエンツと哀川との爆笑トークをはさみながら進行する舞台挨拶の中、哀川が自身が演じたミスターXとタイガーマスクへの思いについて熱く語る。「タイガーマスクは僕にとって憧れのアニメでした。タイガーマスクと対局するキャラクターとしてミスターXがいます。その役が僕にきたとき、どうしようと思いました。タイガーよりキャラのイメージが強いからです。どうしたら自分なりのミスターX像が作れるか、監督と相談しながら、いろいろと工夫しましたね」

そしてサプライズゲストとして登場した三池崇史監督。監督は哀川翔とともに、本作の公開を待たずして亡くなった原作者・梶原一騎の弟、真木日佐夫の空手の弟子だった。今は亡き師匠に捧げ、「真木先生に変わって、真木戦線が愛したこの「タイガーマスク」が映画化されたことに対してお礼を申し上げます」と感謝の意を述べた。

最後は主演・ウエンツ瑛士の挨拶で締めとなったが、自らが花粉症であることを話し、「伊達直人の敵は、ブタクサです」と彼特有のリップサービスで挨拶を終えた。
2013年11月11日
『タイガーマスク』
2013年11月9日(土)全国ロードショー