ニュース&レポート

『時をかける少女』原作者の筒井康隆が「時かけ映画祭」トークショーに登壇

時をかける少女

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • ツイートする
  • Facebookでシェアする
3月13日(土)より新宿ピカデリーほか全国ロードショーとなる、2010年版『時をかける少女』の公開を記念して、1983年版、アニメ版、2010年版を一挙上映する、「時かけ映画祭」が新宿ピカデリーにて行われ、仲 里依紗、谷口正晃監督、大林宣彦監督、原作者の筒井康隆がトークショーに登壇した。
『時をかける少女』原作者の筒井康隆が「時かけ映画祭」トークショーに登壇

2010年版『時をかける少女』は、1965年に筒井康隆が発表した同名SF小説をもとに、設定を現代に置き換え、原作の主人公・芳山和子の一人娘、芳山あかりを主人公にした新たな物語。2010年に生きる主人公が、ケータイもメールもない70年代にタイムリープし、さまざまな人々との出会いを通して成長していく姿を描く。

45年前にこの原作を生み出した筒井康隆は、「「時をかける少女」は私にとって「金になる少女」です (笑)。6回映画化された川端康成の「伊豆の踊り子」には及びませんが(笑)」と、会場を沸かせながら、さらなる映画化を望み、「時代をかける少女なので、時代を変えても映画化できるわけです。NHKの「タイムトラベラー」から始まり、1983年版、アニメ版(2006年)がありましたが、私にとっては全てが「時をかける少女」。内容がどこまで変わっていくのかも楽しみの1つです。」と語った。

原作者と大林監督を前にやや緊張気味の谷口監督は、「歴代の「時をかける少女」と一緒にスクリーンで上映してもらえるのは光栄です。これまでの作品がそれぞれ素晴らしい作品で、ファンの皆様の宝物だと思いますので、傷を付けないように撮りました。」 と挨拶。一方、細田守監督のアニメ版からの続投となる仲里依紗は、「今回また「時をかける少女」に携われて嬉しいです。「祭り」になるなんて凄いですよね。3本続けてスクリーンで観られるのは、最初で最後だと思います。「こいつまたやってるよ」と言われないかと不安だったのですが、がむしゃらに演じました。」と語った。

また、1983年版「時かけ」の大林監督は、「今日は谷口監督の「時かけ」を応援しに筒井先生と来たのですが、“ケン・ ソゴル”になって戻って来た気分です(笑)。私の「時をかける少女」から27年になりますが、お客さんも一緒に時をかけて来たのかなと思います。こうして お客さんと再び出会えたことを嬉しく思います。」と挨拶。2010年版谷口監督作品については「現代の世相を取り入れつつ、1983年版のいいところも取り入れてくれていたのが良かったと思う。芳山和子と言えば、原田知世だったのですが、今回、和子を演じられた安田さんを見て、「和子が大人になって、子供を生んだら、安田さんのような女性になるんだろう」と思った。そして、今を生きている主演の仲さんが素晴らしいです!」と絶賛した。
2010年3月2日
『時をかける少女』
2010年3月13日(土)新宿ピカデリー、ヒューマントラストシネマ渋谷、シネカノン有楽町1丁目ほか全国ロードショー
公式サイト:http://tokikake.jp