ニュース&レポート

長瀬智也、神木隆之介、桐谷健太が過去の罪を懺悔『TOO YOUNG TO DIE』公開直前イベント

TOO YOUNG TO DIE!若くして死ぬ

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • ツイートする
  • Facebookでシェアする
25日(土)より公開される映画『TOO YOUNG TO DIE!若くして死ぬ』の公開直前イベントがよみうりホールで行われ、主演の長瀬智也をはじめ、神木隆之介、桐谷健太、清野菜名、宮藤官九郎監督が登壇した。
長瀬智也、神木隆之介、桐谷健太が過去の罪を懺悔『TOO YOUNG TO DIE』公開直前イベント

宮藤官九郎の完全オリジナル最新作『TOO YOUNG TO DIE!若くして死ぬ』は、【地獄】を舞台に、不慮の事故で命を失った高校生・大助が、ロックバンドを率いる赤鬼のキラーKと出会い、大好きなひろ美ちゃんとキスするために現世へのよみがえりを目指して大奮闘する物語。

イベントでは、おどろおどろしいBGMとともにスモークがたかれ、ステージには3メートルを超す巨大なえんま像と極卒たちが登場。舞台が一気に地獄に様変わりするなか、長瀬智也、神木隆之介、桐谷健太、清野菜名、宮藤官九郎監督が登壇。本作について宮藤監督は「ばかばかしい地獄のロックコメディをやりたいと長瀬君と話して、そこからスタートしました。映画を作るうえでコメディであることは常に意識してました」とコメント。

撮影現場で一番笑ったことは?との質問に長瀬は、「隆(神木)が地獄に落ちたての頃のシーンを撮影中、若干顔色の悪いメイクをしていて、僕と健太は本当に具合が悪いんじゃないかって心配になって…」と真面目に答えつつ、「グレーの背景にグレーの顔だったから、隆がどこにいるか若干分かりづらくて。ずっと顔色をいじってたら「赤鬼と緑鬼に言われたくないよ!」って怒って答えたのが面白かった(笑)」とコメント。桐谷も「「き、君たちに言われたくないよ!」って隆が何度も言ってた」と当時の神木の口調を真似しながら茶化し、「僕、そんな口調じゃないですから!」と神木がすかさずつっこみ場内は笑いに包まれた。

神木は、「けん兄(桐谷)が、頻繁に長瀬さんから即興ラップを無茶ぶりされていたのが、面白かった」と明かし、桐谷は「基本、長瀬君むちゃくちゃですからね!焼肉食べながらもよく無茶ぶりされてましたし!普通に食べさせてくれよ…」とぼやくが、当の長瀬は「健太はラップの方が伝わるものがある」と気にしていない様子。

また、清野も「撮影は毎日すごく楽しかったです!桐谷さんは鬼っぽい笑い方をやってって言ったらすぐやってくれるんですよ、「グワハハハハハッ!」って(笑)」。宮藤監督は「みんなのエピソードを聞いてると、撮影中ふざけてたのかなって思いました(笑)桐谷くんの笑い方も僕の指示じゃないですし、ずっとふざけてたわけじゃないですからね!(笑)」と、観客に丁寧に説明。「真面目にふざけていたんですよ!」と返す長瀬らに、笑顔でうなずいていた。

イベントでは、「今までしてしまった悪いこと」を告白し、えんま様に罪の裁きをしてもらう場面も。宮藤は、えんま様役の古田新太の撮影を振り返り「夜中の2〜3時くらいまでかかったんですよ。ヨリの撮影だったので、ズボンは映すつもり無かったんですが、古田さんがゆるいズボンを履いてきてイラっとしちゃって熱く叱りました(笑)」と告白。これに対して、「地獄行き!」と裁きが下されると、一同が驚きつつ、「これは古田さんが地獄行きでしょう」と逆裁き(?)の声があがった。宮藤監督は、「「地獄行き!」の声を収録する時間があったら、一緒にイベント登壇してくれれば、こんなお金かけなくても済むのに!」とつっこみ、マスコミ陣からも笑いの声がこぼれた。

長瀬は、「仕事でハワイに行った際、日本ではいつも行列のできるパンケーキ屋さんが偶然あったんです。せっかくなので注文したら、パンケーキの生クリームの量がすごくて食べきれず、結局3分の2くらい残してしまいました」。清野は「小学生の頃、いつも美味しいお菓子を出してくれるお家の友達がいて、いつもその子の家に行けるように誘導した」。神木は「高校の時に学級委員長だったんですが、授業を盛り上げるために馬の被り物をしたり廊下を走ったりした。僕としては結構盛り上げたつもりが、今考えると悲鳴が多かった」と告白が続く中、唯一桐谷だけは「ラーメン店の近くに白い犬がいたので、ビニールロープで首輪をつけて交番に連れて行ってあげて、飼い主の方に感謝されました」と、心温まるエピソードを披露。しかし、「好感度上げようとしている!」とのことで結局、全員「地獄行き」判定が下されることに。これには一同「地獄行きしかないじゃん!!」と声をあげ、場内は大きな笑いに包まれた。

イベントの最後には、事前に一般募集された中から選ばれた観客がステージに呼ばれ、キャストら同様に、えんま様に罪を告白!「一輪車には乗れるのに、自転車に乗れないんです…」と明かした観客に対して、「これだけで<地獄行き>か<天国行きか>どう判断すればいいんですか!」と一同戸惑いを見せるも、キャスト・監督一同<地獄行き>とジャッジ!「湯豆腐は食べれるけど冷ややっこは食べられないのと一緒やん!まあ、でも僕らも地獄行きなので、みんなで地獄で一輪車で遊びましょう!」と桐谷が上手く締めくくった。

最後に、長瀬は「こんな「ロック・コメディ」は今まで観たこともないし、これから先も恐らく観ることはできないと思います。こんな地獄だったら行ってもいいかな、って揺れ動く瞬間が必ずあると思うので、ぜひ皆さんにもその瞬間を感じてもらいたい。それに音楽の力を本当に感じられる作品。LIVE感もあったり、バカバカしくて、人間にとって大事なものが詰まっていると思う作品なので、ぜひ大切な人と劇場で観ていただければ光栄です」。監督は「これは一応“仏教映画”ですので、1回よりも2回、2回よりも3回…、観れば観るほど“徳”があるので、ぜひ何度も観に来てほしいです!お布施だと思って(笑)」と締めくくり、大盛り上がりでイベントが終了した。
2016年6月21日
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
『TOO YOUNG TO DIE! 若くして死ぬ』
2016年6月25日(土)全国ロードショー
公式サイト:http://TooYoungToDie.jp