ニュース&レポート

「トランスフォーマー/リベンジ」来日記者会見

トランスフォーマー/リベンジ

  • Facebookでシェアする
  • ツイートする
スティーブン・スピルバーグ製作総指揮、マイケル・ベイ監督『トランスフォーマー/リベンジ』が、6月19日(金)先行上映、6月20日(土)全国超拡大ロードショー!
この公開を前に、監督のマイケル・ベイ、主演のシャイア・ラブーフらが来日し、記者会見を行いました。
「トランスフォーマー/リベンジ」来日記者会見
マイケル・ベイ、シャイア・ラブーフ、ミーガン・フォックス、ジョシュ・デュアメル、タイリース・ギブソン、イザベル・ルーカス、ラモン・ロドリゲス

2009年6月9日 11:00AM~ 新宿パークタワーホール




――前作よりスケールアップしたところ、苦労したところは?

マイケル:脚本が出来た時点で、ピラミッドのことなどで、時代をさかのぼる必要が生じた。そして、30年ぶりにピラミッドでの映画撮影をしたんだ。ピラミッドの上で空撮したのはこの映画が初めてらしい。感激のあまり、ジョン・タトゥーロは泣いていたよ。

今回もVFXは沢山使っていて、実写で撮ってからアニメーション化する作業には1年以上を要した。150人のアニメーターを動員し、トランスフォーマーなど全てのアニメーションを製作したんだ。

――パート3の構想は?日本を舞台にする可能性は?

マイケル:この映画は世界中で撮影しているけど、噂では日本での撮影許可はピラミッドよりも難しいと聞いている。でも、日本のビジュアル的な面には興味を持っています。

――もしもトランスフォームするとしたら?

「トランスフォーマー/リベンジ」来日記者会見シャイア:タイリースになりたい

タイリース:一番前に座っている彼(質問をしたマスコミ)の靴になりたい

ミーガン:ジョニー・デップの奥さん

ジョシュ:ジョニー・デップ(笑)

マイケル:この映画の総ての作業が終わったのはわずか2日前のことだ。今、僕はベッドになりたい。このシリーズの監督をするのはとてもタフなことで、公開するまで気を抜けない。日本でVFXに最後のOKを出したんだ。

――ベイ監督にリベンジしたいことは?

ラモン:巨大な扇風機を使ったデバステーターのシーンは大変だったので、あの風を浴びてもらいたいな。

ジョシュ:マイケル・ベイにリベンジ? そんなことあるわけないじゃないか。

マイケル:パート3では君が主役だ(笑)。

ミーガン:マイケルにリベンジなんてしないわ。彼はハンサムだし、とてもクレバーだから。

マイケル:彼女はこの役を手放したくないんだよ(笑)。

シャイア:マイケルのことは大好きすぎて、リベンジなど全く考えられない。

マイケル:君が主役だ(笑)。

――(シャイアに)ミーガンとイザベルのどちらとのキスシーンが好き?

シャイア:比較はできないよ。両方とも素晴らしい体験さ。僕は世界一ラッキーな男だ。

――(ミーガンに)シャイアとキスした感想は?

ミーガン:シャイアとはすごく仲の良い友達だから、かえって緊張したわ。でもシャイアのキスは大好きよ。

2009年6月12日
『トランスフォーマー/リベンジ』
公式サイト:http://www.tf-revenge.jp/