ニュース&レポート

子供の身長自慢で松山ケンイチが一人勝ち『うさぎドロップ』特別試写会舞台挨拶

うさぎドロップ

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • ツイートする
  • Facebookでシェアする
累計発行部数98万部を超える宇仁田ゆみの人気コミックを映画化した『うさぎドロップ』の特別試写会が、東京・渋谷シネクイントで開催され、松山ケンイチ、香里奈、芦田愛菜、佐藤瑠生亮とSABU監督が登壇した。
子供の身長自慢で松山ケンイチが一人勝ち『うさぎドロップ』特別試写会舞台挨拶

祥伝社から発刊されている「FEEL YOUNG」に連載中の、宇仁田ゆみによる大人気コミック「うさぎドロップ」。本作は、亡くなったおじいちゃんの隠し子を引き取った青年と、しっかり者の少女との、ちょっとちぐはぐな共同生活を描いたハートウォーミングな物語。

映画化にあたっては、27歳・彼女なしの独身“イクメン”河地大吉(ダイキチ)に松山ケンイチ、6歳の少女りんに芦田愛菜。りんと同じ保育園に息子を通わせるシングルマザーゆかりに香里奈、その息子を佐藤瑠生亮が演じている。

「小さい子供と一緒に生活する経験がなかったので、環境的にはダイキチと変わらなかった」と話す松山。他の作品では集中するため共演者とあまり話すことはないようだが、今回の“天才子役”芦田との共演では、「僕自身が愛菜ちゃんと一緒にいてすごく楽しくて、毎日現場に行くのが楽しみだったし、癒されたし、打ち上げの時もずっと一緒にいた。瑠生亮とも会う度に遊んでいて、楽しい現場でした」。そこで芦田が「松山さんは優しくて、休憩の時も遊んでくれて、とても楽しかったです」と満面の笑顔で話すと、「ずっと遊んでたよね。足をつかんで逆さにしてブラブラしたり、かくれんぼしたり」と、楽しげな現場の様子を語った。

シングルマザーを演じた香里奈は、「幼稚園の送り迎えをして、仕事をして…大変だと感じました」と振り返り、「シングルマザーが住みやすい環境になったら良いなと思いました」。そして、ひとり息子を演じた佐藤瑠生亮から、「香里奈さんはとても優しくしくて、可愛くて、大好きです」と言われ、笑顔を見せた。

SABU監督は、そんな2組の“親子”について、「みなさん本当にいい俳優なので、自慢です。松山さんは存在感がデカくて感動しました。香里奈さんは、踊るシーンでカッコよく踊ってくれて助かりました。愛菜ちゃんは去年はもっと小くて可愛かったし、瑠生亮も子供らしい子供なのに、演技になるとスッと切ない顔になるんです」と、それぞれをベタ褒め。これに対し佐藤が、「去年の夏から身長12センチ伸びたよ」と話すと芦田が、「撮影した時は同じくらいだったよね。でも今は、109センチくらいだよ、私」。すると松山も、「俺、179センチ。70センチ違うからね。大きいでしょ?」と、子供の身長自慢に割って入り会場を笑わせていた。

最後に、本作の見どころを、「ダイキチやゆかり世代や、その親の世代の方に、それぞれの視点で観て欲しいです。温かい気持ちになれるので、たくさんの方に観て欲しいです」(香里奈)。「世界中のいろんなところに愛情があって、その愛情が繋がっていく、幸せでポジティブになれる物語です」(松山)。そして監督は、「人は支えあって生きていると思える作品に仕上がりました。俳優さんたちが素晴らしい演技で魅せてくれているので楽しんでください」とそれぞれメッセージを送った。
2011年6月15日
『うさぎドロップ』
2011年8月20日(土)渋谷シネクイント、新宿ピカデリーほか全国ロードショー
公式サイト:http://www.usagi-drop.com/