ニュース&レポート

伊武雅刀も“カンヌ無量”!カンヌ出品『藁の楯』プレミア試写会に監督&キャスト勢揃い

藁の楯 わらのたて

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • ツイートする
  • Facebookでシェアする
カンヌ国際映画祭コンペティション部門正式選出が決定したばかりの映画『藁の楯 わらのたて』のプレミア試写会が、22日(月)、新宿ピカデリーにて行われ、三池崇史監督をはじめ、大沢たかお、松嶋菜々子、藤原竜也、岸谷五朗、伊武雅刀、永山絢斗ら出演者が出席した。
伊武雅刀も“カンヌ無量”!カンヌ出品『藁の楯』プレミア試写会に監督&キャスト勢揃い

映画『藁の楯 わらのたて』は、10億円の懸賞金がかけられた凶悪犯《クズ》を、48時間以内に福岡から警視庁に移送する5人のSPと刑事の葛藤を描いたサスペンス超大作。

主演の大沢たかおは、映画祭をイメージしたレッドカーペットに松嶋菜々子をエスコートして登壇。カンヌ国際映画祭選出への感想を聞かれ、「『藁の楯 わらのたて』のようなエンターテインメント作品が選ばれるなんてあまりなかったことだと思うのでびっくりしていますし、向こう(カンヌ)に行ってみんなにどう観ていただくのか今から楽しみです」とコメント。岸谷は「本当にさすが三池崇史監督。顔は怖いけどおそるべし三池崇史(笑)」、伊武は「カンヌ無量です」とダジャレ付きで喜び、会場を笑わせた。

「映画祭に出すとか、カンヌ出品の為に作品を作ってはいなくて、自分たちで映画を撮る楽しみ、お客さんに映画を楽しんでもらうために作品を作っている」と話す三池監督は、「世界の人に楽しんでもらえたら嬉しいです。改めてカンヌ国際映画祭に感謝しています」とコメントした。

舞台挨拶では、「プレミア試写会なのでプレミアな感じなメンバーを揃えさせていただきました。皆さんプレミア感を堪能してください」と大沢。撮影の苦労を聞かれると、「みんなとの共通の苦労だと思いますが、昨年の夏は猛暑だったんですよ。名古屋を中心に岐阜、台湾でも撮影をして。日々暑さとの戦いで、出演者の緊迫感もそれが醸し出しているのかなあと思います」。そんななかでも松嶋は、「いたって穏やかに過ごせた」そうで、三池監督は「現場できゅうり剥いてたしね(笑)」と証言。何でも、差し入れで現場にきゅうりが100本程届いたらしく、「皆のために剥いていた」んだとか。

一方、藤原は、「ずっと手錠かけられ、フードを被って拘束されながら暑い夏を過ごしていました。楽しかったですよ(笑)」と恨み節。永山は台湾の撮影を振り返り「日本食が恋しくなりましたね(笑)」とコメントした。

最後に、キャストを代表してカンヌを訪れる大沢は「20作品の一つに選ばれるなんてびっくりしました。みんなで一生懸命撮った作品なので嬉しいです。世界の人、多くの人に目撃して貰いたいし、どう評価が下るのかもちゃんと目の当たりにしたい」と抱負を語った。
2013年4月23日
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
『藁の楯 わらのたて』
2013年4月26日(金)新宿ピカデリー他 全国ロードショー
公式サイト:http://www.waranotate.jp