ニュース&レポート

『藁の楯』がカンヌで公式上映!大沢たかお&松嶋菜々子が会見&レッドカーペットに登場

藁の楯 わらのたて

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • ツイートする
  • Facebookでシェアする
第66回カンヌ国際映画祭コンペティション部門へ公式に選出された映画『藁の楯 わらのたて』の記者会見と公式上映が、5月20日(月・現地時間)に行われ、三池崇史監督と主演の大沢たかお、松嶋菜々子が出席した。
『藁の楯』がカンヌで公式上映!大沢たかお&松嶋菜々子が会見&レッドカーペットに登場

現地時間20日、8:30より行われた『藁の楯 わらのたて』プレススクリーニングの後、会見に出席した3人は作品のテーマや演じた役柄について語ったほか、三池監督は、「日本映画のリミットを、作る側から崩していきたくて台湾に(撮影で)行く事になった。慣れていないことをしたストレスでいま頬が腫れています(笑)。パルムドールは頂けたらもちろん頂きたいと思いますが、自分はなかなかそういうタイプではないかなと(笑)。いろいろな作品があるなかで刺激になってくれれば」とコメントした。

また、22:30より行われる公式上映を前に、3人はレッドカーペットに登場。黒のタキシードでキメた三池監督と大沢、松嶋はドルチェ&ガッバーナのドレスという華やかな出で立ちでレッドカーペットを歩き、会場に集まった海外メディアの呼びかけに笑顔で応えた。公式上映が行われるグランド・ルミエール劇場では、集まった2000人の観客が総立ちで3人を迎えた。上映後は約5分間の温かいスタンディング・オベーションが起こり、カンヌ映画祭初体験の大沢、松嶋は感無量の様子。カンヌ慣れしている三池監督は感動しながらも照れがあったのか、スタンディング・オベーションがまだ鳴り止まない中、出口に向かって歩き出した。

会見と公式上映が終わり、取材に応えた大沢は、「自分がまだふわふわしていて、わからないままここに来たという状態です(笑)。ただある受け入れ方をしてもらえたという実感はありました」と、手応えを感じていた様子。「24時間で(公式上映が)終わったので早かったが、こういうところに呼んで頂けると、これほどドキドキすることはないので、また来られる機会があれば。単純にもっといいものを作りたいなという気持ちにさせられました」

松嶋は「私もあっという間にレッドカーペットが終わってしまった印象です。あの大きさのスクリーンで観て、また最後に拍手を頂いてとても感動し、いい経験になりました。この気持ちは大事にとっておきたいと思います」

そして「プレッシャーに弱いので、歯を痛めて腫れてしまいました(笑)」と振り返った三池監督は、「(レッドカーペットは)終わってみると記憶が飛んでしまう。感触は残っているのですが、不思議な感じ。それだけ高揚感があったということだと思います」。公式上映の後、スタンディング・オベーションの途中で引き上げたことを聞かれると、「いつまでもいると迷惑かなと(笑)。波があるし、拍手にも色々な種類があるので、長く薄いよりも濃い方がいい(笑)。映画のタイプによって見方の反応も違うと思いますし、あれぐらいが引き上げ時かなと(笑)」と照れを見せた。

また、芸術的な作品が多い映画祭で本作が上映されたことを、「あえてこういう作品をコンペに選んでくれたのかと思ったのですが、そうではなくオーソドックスでシンプルに作られていると思われたようです。ストーリーの表現方法が斬新なわけではなく、正面から描いている、そこが気に入られたという印象。それが観客にどう受け入れられるのかは興味深かったです」コメントした。
2013年5月22日
『藁の楯 わらのたて』
2013年4月26日(金)新宿ピカデリー他 全国ロードショー
公式サイト:http://www.waranotate.jp