ニュース&レポート

ジェラルド・バトラー、5年ぶり5度目の来日!『エンド・オブ・ホワイトハウス』続編のアイデアも募集中!?

エンド・オブ・ホワイトハウス

  • Facebookでシェアする
  • ツイートする
6月8日(土)より全国公開される映画『エンド・オブ・ホワイトハウス』。本作の公開を前に、5月28日(火)、主演兼プロデューサーを務めたジェラルド・バトラーが来日し、都内で行われた記者会見に出席。日本人ゲストとしてハリセンボンの近藤春菜と箕輪はるか、鈴木奈々が駆けつけた。
ジェラルド・バトラー、5年ぶり5度目の来日!『エンド・オブ・ホワイトハウス』続編のアイデアも募集中!?

映画『P.S.アイラブユー』以来約5年ぶりの来日となるバトラーは「こんにちは!私は日本が大好きです。“しゃぶしゃぶ”もぉ」とチャーミングに日本語で挨拶し「5度目の来日が本作のPRということで感慨もひとしお。娯楽性にあふれ、エキサイティングでメッセージ性もある作品。完成版を見たときは『公開されるまで絶対に死ねない』と思ったほど興奮したんだよ」と本作への並々ならぬ手応えを語った。

同作は、大ヒット作『300/スリーハンドレット』の主演俳優であり、『完全なる報復』『マーベリックス/海に魅せられた男たち』ではプロデューサーとしての手腕を発揮したバトラーが、脚本に惚れ込んでプロデュース&主演を買って出たスペクタクル・エンタテインメント。北朝鮮武装テロリストに占拠されたホワイトハウスと、友人でもある大統領を救うため、たった一人で巨悪に立ち向かう元シークレットサービス、マイク・バニング(バトラー)の活躍を描く。

白昼の激しい銃撃戦に肉弾戦とアクションの限りを尽くしたバトラーは「普段から現場では怪我をしやすいタイプなんだけれど、ラストのバトルシーンでは首にある骨を2本も折ってしまった。ある時歌を歌っていて高音が出ないから変だなと思って医者に見せたら発覚してね(笑)。いつにもまして怪我の多い現場だったけれど、それだけ役にのめり込んでいたという事でもあるんだ」と舞台裏を明かす。

バトラー演じるバニングが立ち向かうのは北朝鮮武装テロリスト集団。日本人にとってはタイムリーであり、身近な話題でもあるが「1980年代のアメリカ映画にとっての敵はロシアで、最近はアルカイダなどが設定に挙げられている。今回北朝鮮の設定にしたのは、それが現代的であり、かつほかの映画では描かれていなかったからなんだ」と、説明。アメリカがこの映画に合わせるように北朝鮮問題を取り上げ出したときは「奇妙で不思議な感覚になった」と、時勢を読む自らのプロデューサーとしての臭覚に驚いている様子だった。

これまで数多くのヒーローを演じてきたが、「今回も究極的にはヒロイズムの物語だよ。面白いキャラクターを生み出せたという自負もあって、実は続編の話もある。だから今はパート2のアイデアを募集中さ。『エンド・オブ・ホワイトハウス・アゲイン』なんてのもいいよね?」と、本作を自らのキャリアの中での重要なポジションに置いているようだった。

また会見後半には、花束ゲストとしてモデルの鈴木奈々、お笑いコンビ・ハリセンボンの近藤春菜と箕輪はるかが登場。鈴木は“生ハリウッドスター”を前に「凄い格好良くて、凄いクールで凄いハンサムでオーラが凄い刺激的。ベリー・ベリー・クール」といつもの勢いコメントを連発し、バトラーに肩を抱かれると「ハッピー!ハッピー!嬉しい」と大興奮。現在交際中の彼氏を引き合いに出して「今まで彼に一途だったけれど、初めて心を撃たれました」とメロメロの様子だった。

一方、テロリスト役として登場したハリセンボンの2人をバトラーは「カモン!」と優しく抱擁。「テロリストに襲撃されたらこうしてね」とレクチャーするバトラーに近藤は「グッドスメル」と昇天し、大統領の子供を守るバニングの姿に感銘を受けたという箕輪は「バトラーさんがいれば、安心して子供を産める」と惚れ惚れしていた。そんな3人にバトラーは「ハッピー!ハッピー!」と上機嫌に対応していた。
2013年5月29日
『エンド・オブ・ホワイトハウス』
2013年6月8日(土) 新宿ピカデリー 他 全国ロードショー!!
公式サイト:http://end-of-whitehouse.com/