ニュース&レポート

ゴールデンボンバー、『ワイルド・スピード SKY MISSION』で“ガヤ”を熱演

ワイルド・スピード SKY MISSION

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • ツイートする
  • Facebookでシェアする
4月17日(金)より公開されるシリーズ最新作『ワイルド・スピード SKYMISSION』。前作『EURO MISSION』でCM効果音吹替えに挑戦したゴールデンボンバーが、ついに映画本編の吹替えに挑戦することになり、公開アフレコイベントに出席した。
ゴールデンボンバー、『ワイルド・スピード SKY MISSION』で“ガヤ”を熱演

前作『ワイルド・スピード EURO MISSION』では、「ハリウッドからオファーが来た!」と期待に胸を躍らせてはみたものの、実際は本編デビューではなく、さらには日本語吹替え版での起用でもなく、まさかの”CMの吹替え”な上に“効果音”担当だった事が明かされ、不満に思いながらも見事にその役目を果たしたゴールデンボンバー。

立派な『ワイルド・スピード』ファミリーの一員となった彼らに、今度はシリーズ最新作『ワイルド・スピード SKY MISSION』から、映画本編の吹き替えオファーが!ついに映画吹替え初挑戦…と、前作以上の意気込みを見せたものの、声を当てるのは“ガヤ”(「その他大勢」的な役)という、またしてもチョイ役だった事が発覚した。

それぞれの役柄は、喜矢武豊が「全身金粉セレブダンサー」、樽美酒研二が「何かがダサいセレブDJ」役、歌広場淳は「悩殺セレブ美女ジャスミン」役 、鬼龍院翔は 「瞬殺されるセレブ警備員」役。「ワイルド・スピード」シリーズではお馴染みの超セレブなパーティーシーンを盛り上げるべく、総吹替え時間1分未満のガヤ役にも関わらず全身全霊で役作りに臨んだという。

公開アフレコイベントでは、ゴールデンボンバーがそれぞれの役柄に扮した出で立ちで登場。メイクに3時間もかかったという4人だが、役同様にセレブな生活を送っているか聞かれると、「部屋中を金粉に塗りました。マンション自体も全部よ」(喜矢武)、「PASMOカードの2万円分を一気に10枚買いました」(樽美酒)、「ドンペリでうがいが基本ですね」(歌広場)と、そのセレブぶり(?)を披露。リーダーである鬼龍院は「国に1000万円単位で税金払ってます。国民の義務ですよ」と、リアルなセレブ生活を送っている事を明かした。

アフレコは既に収録済みだが、この日は改めて4つのシーンを再現することに。 数々の無茶振りをされながらも、個性を活かして役に成りきりアフレコに挑戦した4人。中でも実際にはセリフがない役を演じる事となった喜矢武は「どうあたし?これがアドリブってやつよ。これで次の仕事も来ると思うわ」と手応えを感じている様子。4人が参加したパニックシーンでは、これぞガヤ!といった混乱ぶりを表現すべく、それぞれが絶叫の声をあげた。

ついに日本語吹替え版のエンドロールに “声優”として名を連ねる事について、鬼龍院は
「自分の子供が生まれたらこのシーンだけ何度も再生して一緒に観たい。そして
『ワイルド・スピード SKY MISSION 2』にはぜひうちの息子を出していただきたい」
と感動している様子。一方、樽美酒が「DJ役だったから、今後はゴールデンボンバーにもDJを取り入れたい」と語ると、歌広場から「それじゃ(SEKAI NO OWARIの)DJ LOVEに間違われるわ」と突っ込みを受けた。

最後には「ぜひ金粉を観に来てください」(喜矢武)、「ゴールデンボンバーの新たな一面を観てほしいです!!」(樽美酒)、「役作りもしてきて、新たな一面が出せたのではないかと思います。新たな性癖にも目覚めた気がするので、ぜひご注目ください」(歌広場)、「警備員役なので、警備員になりたいと思っている方はぜひこの映画で勉強してほしいです。そして面接の時には「好きな映画は『ワイルド・スピード SKY MISSION』と言ってください」(鬼龍院)とそれぞれメッセージ。「ワイルド・スピード」ファミリーとしてしっかりと映画をPRした。
2015年3月16日
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
『ワイルド・スピード SKY MISSION』
2015 年4月17日(金) 全国ロードショー
公式サイト:http://wildspeed-official.jp/