ニュース&レポート

金爆版「ラッスンゴレライ」が不採用に…鬼龍院「言った覚えないし」

ワイルド・スピード SKY MISSION

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • ツイートする
  • Facebookでシェアする
4月17日(金)公開『ワイルド・スピード SKY MISSION』の日本語吹替え版が完成し、本作で“ガヤ”吹替えデビューを果たしたゴールデンボンバーが、完成披露試写イベントに出席。お笑いコンビ8.6秒バズーカーもサプライズで駆けつけた。
金爆版「ラッスンゴレライ」が不採用に…鬼龍院「言った覚えないし」

前作『ワイルド・スピード EURO MISSION』から“ワイスピファミリー”として活躍し、最新作で本編(ガヤ)吹替えデビューを果たしたゴールデンボンバーの4人。自分たちも参加した日本語吹替え版が、ついにファンに向けてお披露目となり、「どんな大役が来るかと思ったらまさかのセリフなしでした。これもハリウッドへの第一歩だと思うので、よろしくお願いします。」(喜矢武)、「日本語吹替え版のエンドロールに名前が載るというので、みなさんが思っている以上に真剣にやってます」(歌広場)、「実は家に防音室があるんですけど…全然使ってなかったんですよね!でもこのオファーがきっかけでめちゃくちゃ真剣に練習してやりました」(樽美酒)、「喜矢武さんに負けないようにって思ってたらまさかの喜矢武さんセリフなしでした。でも本当に光栄です。葬式で流したい」(鬼龍院)と、感慨深く(?)コメント。

見た目から役作りして挑んだアフレコについて喜屋武は、「セリフがないから、なんで俺を呼んだんだって思いましたけど、まあプロですから。エロスを意識して入れました。あのシーンが一番よかったって言ってもらえると思います」と、自信満々。さらに、今度こそハリウッドデビューのチャンスでは?とMCに問われると、「確実にオファー来ますね。僕はハリウッドからオファーがあれば、そっち一本で行くってもうメンバーにも伝えてあるので。だからいつでもオファーはカモンベイベー」と、ハリウッドに向けて準備万端の様子。樽美酒は「このために坊主にしました。ヴィン・ディーゼルの隣にいても違和感ないでしょ!」。鬼龍院は「喜矢武さんは才能を隠してますからね。このアフレコをきっかけに色んなオファーが舞い込むと思います。遠慮しないで下さい、ハリウッドのあなた。うちの喜矢武さんは全然格安でもいいんで」と喜屋武を売り込んだ。

そんな爆笑トークが続く中、前回の日本語吹替えアフレコイベント時に、鬼龍院が「ちょっと待って~ちょっと待って~お兄さん!」を連呼していた事から、あのお笑いコンビのネタを採用している!と一部ネットで話題になっていた事が明らかに。すると、そのネタ元である8.6秒バズーカーがサプライズ登場。2人は感謝を伝えたものの、「いや言った覚えないし…」(鬼龍院)、「ちょっと分かんないっすね。前に番組でDAIGOさんと…オリラジさんだっけ?記憶にないですね」(喜屋武)と、当人たちはあまり記憶にない様子。

さらに、「ちょっと待って~ちょっと待って~お兄さ~ん!」のアフレコが本番では不採用になった事が明かされると「そういう事は早めに言っといてもらわないと!」と8.6秒バズーカーの2人は落胆した様子を見せたが、せっかく来たという事で、先日話題になった鬼龍院の印税ネタと映画に絡めてラッスンゴレライネタを披露した。

自分たちもハリウッド映画に出たいと話す8.6秒バズーカ―は「ラッスンゴレライって言います。それがお邪魔にならない映画にぜひお願いします」とちゃっかりハリウッドへ売り込み。最後にゴールデンボンバーの面々は「アクション、人間関係の深さ、車のスカイダイブ、
感動が詰まった映画!」
と本作の魅力をアピールした。
2015年4月10日
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
『ワイルド・スピード SKY MISSION』
2015 年4月17日(金) 全国ロードショー
公式サイト:http://wildspeed-official.jp/