ニュース&レポート

第28回東京国際映画祭にオスカー女優ヘレン・ミレン登場『黄金のアデーレ 名画の帰還』

黄金のアデーレ 名画の帰還

  • Facebookでシェアする
  • ツイートする
第28回東京国際映画祭の特別招待作品に選出された映画『黄金のアデーレ 名画の帰還』。24日(土)の上映に合わせ、主演のヘレン・ミレンが約2年ぶりに来日し、サイモン・カーティス監督とともに、映画祭のオープニングレッドカーペットに登場した。
第28回東京国際映画祭にオスカー女優ヘレン・ミレン登場『黄金のアデーレ 名画の帰還』

先日イギリスのミラー紙で“最も影響力のある女性NO.1”に選ばれ、抜群のファッションセンスでも話題を集めるヘレン・ミレンは、Badgley Mischkaの胸元が大胆に開いたドレスに、きらびやかなブシュロンのイヤリングをあしらった姿で、沢山のファンで埋め尽くされたカーペットを悠々闊歩。

70歳となっても全く衰えぬその美貌に歓声が上がる中、日本でのプレミアをとても楽しみにしていたという彼女は、集まった多くのファンに対し、終始チャーミングな笑顔で神対応。サインや写真まで一緒にとる丁寧なファンサービスを披露。英国デイムのカーペット上でのさすがの別格の気品は、ひと際目立っていた。

また、「映画祭を通して、これだけ皆さんが映画を愛していることが感じられて嬉しい。日本に来ることができてとても光栄」と喜びをあらわにしたサイモン・カーティス監督についても大変信頼をしている様子で、「映画のテーマとなった、名画「黄金のアデーレ」(「アデーレ・ブロッホ=バウアーの肖像」)は、学生時代部屋にポスターとして飾っていたくらい好きでした。本作は、その名画にまつわる、過去の悲しいテーマを描いてはいるけれど、(サイモン)監督が受け入れやすく、とても軽いタッチも描いてくれているので、そうしたコメディの要素も楽しんでもらいたい」と映画の見どころを語った。

最後には流暢な口調で「アリガトウ」と日本語でファンに挨拶。最後まで上品かつ丁寧な姿勢を見せる大女優ヘレンに対し、会場から温かい拍手が贈られ、二人は大満足した様子でカーペットを後にした。

2人は24日(土)に行われる『黄金のアデーレ 名画の帰還』上映で、舞台挨拶に登壇予定。
2015年10月23日
『黄金のアデーレ 名画の帰還』
2015年11月27日(土)、TOHOシネマズ シャンテほか全国ロードショー
公式サイト:http://golden.gaga.ne.jp/