ニュース&レポート

ブラピ&アンジー『ワールド・ウォー Z』ジャパンプレミアに揃って登場!「日本大好き!!」とメッセージ

ワールド・ウォー Z

  • Facebookでシェアする
  • ツイートする
8月10日(土)より公開される『ワールド・ウォー Z』のプロモーションのため、プロデューサー兼主演を務めたブラッド・ピットが、妻のアンジェリーナ・ジョリーとともに来日。マーク・フォースター監督、製作のデデ・ガードナー、日本語吹替版を担当した篠原涼子、鈴木梨央、佐藤芽らとジャパン・プレミアに出席した。
ブラピ&アンジー『ワールド・ウォー Z』ジャパンプレミアに揃って登場!「日本大好き!!」とメッセージ

7月29日(月)、会場となった六本木ヒルズアリーナでは、本作のキーワードである“Z”の文字型に作られた特設レッドカーペットに、日本の主要メディア、海外メディア合わせたムービーカメラ50台、スチールカメラ100名、さらに、約500人のファンが駆けつけた。最初に車から降りてきたのは、日本語吹替え版で主人公の愛娘を担当した鈴木梨央(長女レイチェル役)と、佐藤芽(次女コニ―役)。2人が手をつなぎレッドカーペットに登場すると、会場から“かわいい~”という声が上がり、人生で初めてのレッドカーペットを歩いての感想を聞かれた2人は、「すごくドキドキするけど楽しいです!」(鈴木)、「たくさん人がいるからドキドキするけど嬉しい!」(佐藤)と興奮した様子で答えた。

次に登場したのは、監督のマーク・フォースター。最新作を携えて日本に来た感想を「日本に戻ってこれて嬉しい」と日本のファンへ挨拶。プロデューサーのデデ・ガードナーに続いて、日本語吹替え版で主人公の妻カリン役を演じた篠原涼子が、黒のラメ入りロングドレスで登場。篠原はレッドカーペットの感想を聞かれると「本当にすごく興奮しています。声優としてここに立たせていただいて光栄です」と語り、この豪華なイベントを心から楽しんでいる様子だった。

そして最後に全身ブラックのコーディネートで現れたブラッド・ピットと、同じくブラックのタイトなロングドレスのアンジェリーナ・ジョリーが登場すると、会場の熱気は最高潮に。ブラッドが「みんな来てくれてありがとう!映画を楽しんで!」と語ると、アンジェリーナは篠原から教えてもらったという日本語を交え、「コンバンハ!日本は大好きな国です。離れたくないわ!」と話し、それぞれ多くのファンが駆けつけてくれたことに対する感謝の意を述べる場面も。ブラッドは、アンジェリーナや篠原を紳士らしくエスコートし、ファンへのサインや写真撮影などで交流を楽しみながら、共に全長約70mのレッドカーペットを60分かけて進んだ。

TOHOシネマズ 六本木ヒルズ スクリーン7で行われた舞台挨拶には、ブラッド・ピット、マーク・フォースター監督、デデ・ガードナー、篠原涼子が登壇。ブラッドははじめに「初めて20年前に日本に来たときからずっと、みなさんはクールに、そして親切に迎えてくれます。どうもありがとう!」と挨拶。さらに、これから映画を観るファンに「この映画は世界規模で繰り広げられる物語なのでスケールを保つのが大変でしたが、僕たちはその仕事を成し遂げました。本当に面白いし、この夏一番スリルのある映画だと確信しています。本当にありがとう!」を感謝を述べ、ファンに手を振って応えながらその場を後に。六本木が『ワールド・ウォー Z』一色に感染した盛大なイベントは幕を閉じた。
2013年7月30日
『ワールド・ウォー Z』
2013年8月10日(土)全国超拡大ロードショー
公式サイト:http://WorldWarZ.jp