ニュース&レポート

小西真奈美、三股男は「友達として話を聞いてみたい」─『指輪をはめたい』完成報告会見

指輪をはめたい

  • Facebookでシェアする
  • ツイートする
11月19日(土)より公開される映画『指輪をはめたい』の完成報告会見が行われ、主演の山田孝之と、“3人の恋人”を演じた小西真奈美、真木よう子、池脇千鶴、そして岩田ユキ監督が出席した。
小西真奈美、三股男は「友達として話を聞いてみたい」─『指輪をはめたい』完成報告会見

映画『指輪をはめたい』は、芥川賞受賞作家伊藤たかみの原作を、『檸檬のころ』で脚光をあびた新鋭・岩田ユキ監督が映画化。記憶喪失になってしまい、“婚約指輪”を渡すはずだった相手を思い出そうと奔走する男・輝彦(山田孝之)の前に、まるでタイプの違う3人の女性が恋人だと名乗り現れるという、コミカルでちょっぴりビターなファンタジックなラブストーリー。輝彦の会社の先輩で、クールで完璧な才女・住友智恵を小西真奈美、風俗店に勤めるセクシーな潮崎めぐみを真木よう子、公園で人形劇屋台をしている家庭的な鈴木和歌子を池脇千鶴が、それぞれ演じる。

大安吉日の11月3日(木・祝)に行われた完成報告記者会見では、映画タイトルにかけ、婚約会見がよく行われるキャピトル東急の桐の間に、映画撮影現場以来約1年ぶりにメインキャストが揃った。

記憶を失くした主人公・輝彦を演じた山田は、本作の出演の経緯について、「自分も30歳手前になって結婚を考えなきゃいけない年になって、輝彦を通して結婚というものを考え、未開拓の地に足を踏み入れるための、何かがあったりなかったりするんじゃないかな(笑)と思い、オファーを受けました」と説明。3人の恋人を持つという主人公と同じシチュエーションになったら?という問いには、「三股は嬉しくはないですね。名前を間違えないかとか、気を使わなければいけないですし、そこまで労力を使う利点がなく大変なことの方が多いと思います」と回答した。

一方、女性陣は、主人公の輝彦について、「客観的に見て3人の彼女がいるというのはダメだなと思います。やってはいけない事ですよね」(池脇)。「演じてるときは、めぐみとして輝彦が好きだっていう感情の方が大きかったですが、例えば今、三股されていたら許せない」(真木)。「私も絶対嫌ですね。許せる人なんていなんじゃないですか?」(小西)と、3人共にバッサリと切り捨てたが、小西は、「でも輝彦のキャラがあまりにも素敵なので、彼女になるのは嫌だけど友達になって話は聞いてみたい感じです」と、三股する男心に興味津々の様子だった。

本作のメガホンをとり、脚本も担当した岩田監督は、「伊藤たかみさんの原作はコミカルな設定ながらもクールな男性を描いた作品ですが、私がモテない目線でアンサーを返しました」とコメント。4人の起用については、「この人の演技をお客として観て感動したことがあるかどうかが、まず第一段階でありました。これは三股かけていた男が、記憶を失って恋人を探すという漫画チックな設定なのですが、主人公の抱えている痛みとか必死さを人間らしく表現できる人を選びました」と説明した。

最後に、映画について池脇は、「輝彦さんが誰を選ぶのか、どんな幸せを見つけるのか観て欲しい」。真木は、「肩に力が入らず、楽に見える映画だと思います。沢山の方に観てもらいたいです」。小西は、「これから私たちの手を離れて皆さんの元に届くので期待感と不安でドキドキですが、観て頂けたら楽しんで頂ける作品ですので、宜しくお願い致します」。山田は、「この映画はファンタジックなところが女性に楽しまれると思いますが、男性にも是非観てもらいたい。男女で観てコミュニケーションのツールになったらいいなと思います」とそれぞれアピール。

岩田監督は、「この物語は三股男が純情に見えるかや、男と女の下世話のすったもんだがワルツに見える作品になっている一風変わった映画だと思います。漫画チックな設定ですが、最後は誰もが味わったことのある青春グラフティー。楽しんでいただけると思います」と、自信をのぞかせた。
2011年11月4日
『指輪をはめたい』
2011年11月19日(土)新宿バルト9他全国ロードショー
公式サイト:http://www.yubiwa-movie.com