ニュース&レポート

宮沢りえ、松坂桃李を「もっと知りたい」「底が見えない瞳に吸い込まれそう」と絶賛

湯を沸かすほどの熱い愛

  • Facebookでシェアする
  • ツイートする
10月29日(土)より公開される映画『湯を沸かすほどの熱い愛』の完成披露試写会が行われ、主演の宮沢りえ、共演の杉咲花、松坂桃李、篠原ゆき子、駿河太郎、伊東蒼、中野量太監督が舞台挨拶に登壇した。
宮沢りえ、松坂桃李を「もっと知りたい」「底が見えない瞳に吸い込まれそう」と絶賛

映画『湯を沸かすほどの熱い愛』は、余命宣告を受けた母親が、死を前に「絶対にやっておくべきこと」を決め実行していく姿を描いた感動ドラマ。主演の宮沢は「脚本を読んでから1年経ちますが、本当に衝撃的な出会いで、この脚本に出会わせてくれた中野監督に感謝しています。そして、この脚本を愛した皆さんの熱量を持って作られた作品が、お客様のもとへ届けられることがすごく嬉しいです。この作品は自信を持って良い作品だと言えます」と挨拶。中野監督について「私と同じ年の、知らない監督だったので、実際にお会いした時には沢山意見を言い合いました」と話すと、中野監督が「会った瞬間に、宮沢さんに「同い年ですね!ウィキで調べました」と言われてビックリしました!」と初対面のエピソードを語った。

宮沢演じる双葉の娘・安澄を演じた杉咲は、映画について「見終わった後、この映画が好きだと思ったら、是非1人でいいのでこの作品について話して下さい」とアピールすると、すかさず宮沢が「いや、2〜3人とかにしよう」とはさみ、会場は笑いに包まれた。また、宮沢との共演について杉咲は、「緊張してはいけないと思いつつ、ドキドキしてました。でもお母ちゃん(宮沢)から「どれだけ現場で時間がかかっても、大丈夫だからね」と言ってもらい、一気に緊張がほぐれました」とエピソードを語り、撮影を終えた今でも“お母ちゃん”と呼んでいる姿に、会場はほっこり。

続いて松坂は「この映画を観た時、これは「自分の人生に残る作品」だなと思うことができました 。是非3人ぐらいの方に(広めてくさい)…」と話すと、またも宮沢から「4〜5人に!」とつっこみが。宮沢と杉咲の“母娘”ぶりに「現場でもいつもほっこりさせてもらっていて、自分も仲間に入りたいなぁ、羨ましいなぁ、と思っていました。自分の演じた青年・拓海もそんな気持ちを抱えた役だったので、現実とリンクしていました」。宮沢は松坂の印象ついて「松坂さんの眼って、底が見えないような吸い込まれそうな眼をしているんです。なので、共演してみてもっと松坂さんのことが知りたいと思えました」と語った。

篠原は、「この作品は自分の大切な人に見て欲しいと思い、今日も母を招待したんですが、まだ来てなくて遅刻です(笑)」と挨拶すると、駿河が「台風のせいですよね!」とすかさずフォロー。

駿河は、「出演している作品を見るといつもは反省点ばかり気にしてしまうのですが、この作品にはそれがありませんでした。出てくる全員が良い役でした。10人にオススメしてください!」とアピール。また、「私の演じた滝本の娘役の子がとてもわんぱくで、ずっと一緒に居ました。監督が「役でしか家族を演じないのはダメだ」というので、その子と仲良くなれるように頑張りました。自分にも子供はいるので、扱いは慣れてまして、どんどん仲良くなれました。そのおかげで、本当はもう少し宮沢さんとおしゃべりしたかったんですけど、そうもいかなかったですよ」と撮影を振り返った。

中野監督は、「映画学校を卒業して16年目で、やっとここまで来られて嬉しく思います。最初、この脚本を書いていた時は、まさかここまで大きな作品になるとは私もプロデューサーも思っていませんでした。自分の家族に観せたくなる作品を撮ろうというのが、私の作る映画の大きなテーマなんです。そして、自信を持って、そんな映画を撮ることができたと言えます」

撮影中のエピソードについて伊東が、「私が泣くシーンがあるんですけど、その時にどんな気持ちを考えればいいのか、大変でした」と語ると、そのシーンに対して宮沢が「蒼(伊東)の演技が私の演技を引き出してくれました。つねに120%の状態で現場にいて、演技を高めていました」。さらに杉咲はそのシーンの舞台裏を、「なんだか鼻息がすごく聞こえて…、監督の鼻息だった」と暴露。これに監督は、「すごく良いシーンが撮れているとき、僕の鼻息が荒くなってたみたいなんです。だから、鼻息が荒い時は良い時なんですよ」と話し、会場が笑いに包まれた。

最後に中野監督は、「この作品を撮るとき宮沢さんに「脚本も良くてキャストの演技も良くて、なのに編集のせいで良い映画にならなかったら、燃やすからね!」といわれました。なので、皆さんこの映画が良いと思えましたら、是非周りにも教えてあげてください。じゃないと燃やされちゃうかもなので」。宮沢は「この作品に関わった事で、命があって、幸せで健康な事が当たり前でなく感謝する事なんだと思えました。この映画を見る皆さんも、何かを感じて、いつもの風景がちょっと違って見えるようになったらいいなと思います」と客席にメッセージを贈った。
2016年9月21日
『湯を沸かすほどの熱い愛』
2016年10月29日(土)新宿バルト9他全国ロードショー
公式サイト:http://atsui-ai.com