ニュース&レポート

中条あやみ、貞子をお手本に呪いの魔球を披露!女子高生軍団を卒倒させる

劇場版 零〜ゼロ〜

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • ツイートする
  • Facebookでシェアする
大ヒットホラーゲームを実写映画化した『劇場版 零 ゼロ』(9/26公開)に出演する、人気モデルの中条あやみと森川葵が、北海道日本ハムファイターズ×福岡ソフトバンクホークスの始球式に登場。映画にちなんだ”呪いの魔球”を披露し、周囲を卒倒させた。
中条あやみ、貞子をお手本に呪いの魔球を披露!女子高生軍団を卒倒させる

東京ドームのバックスクリーンに、映画『劇場版 零〜ゼロ〜』の予告映像が流れ、ドーム内にひんやりとした空気が包まれる中、劇中の制服を着た女子高生が15名ほど登場。続いて本作の主演を務めた中条あやみと共演の森川葵も劇中の制服に身を包み、さらには赤い“0”番号の入ったキャップを被った姿でマウンドに登場した。

呪いのおまじないで女子高生が次々と失踪、不可解な死を遂げてしまうという映画の内容にちなんで、”呪いの魔球”を投げるという中条。森川の「3、2、1、零〜〜〜!!」のカウントダウンに合わせ、中条が呪いの魔球を投球、弓なりのボールは少しコースがずれたものの、バッターボックスまで届くと、会場からは「おぉ〜!!」と歓声があがった。

すると突如、女生徒たちやバッターを務めた北海道日本ファイターズのマスコットキャラクターであるB・Bらがバタバタと倒れ、さらには中条にマイクを渡しに行った球団スタッフまでもが、受け渡した後にパタリと倒れてしまう事態が発生。

中条が「私たちが出演している映画にも今のように「呪いのおまじない」がきっかけで学園の女生徒がバタバタ倒れるシーンがあるので、再現してみました」と種明かしをして、「ホラー映画なので怖いけどミステリー要素もあって、とても美しい作品なので、是非、劇場で観てください!宜しくお願いいたします!!」としっかり本作のPRをし、マウンドを後にした。

その後の囲み取材で中条は、「意外と(ピッチャーマウンドからバッターボックスまでの距離が)遠いなと思いました。野球選手がスピードのある球を投げているのがすごい。練習ではいい感じたったのに、本番ではコースがちょっとずれちゃった」と話し、悔しがる表情を見せた。

「誰か参考にした人はいますか?」との問いには、”貞子”を参考にしたことを明らかにし、「みなさんに呪いをかけるため、しっかり力を込めて投げました。貞子さんよりも力を込めて!貞子さんは投げた後、倒れちゃったので」と自身と貞子の投球とを比べ、「次は150キロ!!」と意欲的に語った。

また、「どんな呪いをかけられたいか?」との問いに中条は、「もっと勉強が好きになる呪いをかけられたい!」と、10代らしい回答。一方の森川は「中条さんがもっと私を好きになる呪いをかけたい」と二人の仲良しぶりをアピール。

最後に映画について「ホラーだけどミステリー調で、次の展開が気になるストーリーになっています。女子だけの、怖くも美しい世界観が描かれています」(中条)、「デジタルで撮影された映画が多い中、本作はフィルムで撮っている数少ない作品です。是非劇場で観てください」(森川)とそれぞれがメッセージを贈った。
2014年9月12日
『劇場版 零 ゼロ』
2014年9月26日(金) 全国公開
公式サイト:http://www.zero-movie.jp