ニュース&レポート

貞子、“ホラーヒロイン”の座を中条あやみへ引継ぎ!祝福のハグで卒倒&救急搬送へ

劇場版 零~ゼロ~

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • ツイートする
  • Facebookでシェアする
大ヒットホラーゲームを映画化した『劇場版 零~ゼロ~』の映画公開記念イベントが、17日(水)、渋谷109イベント広場にて行われ、主人公アヤを演じた中条あやみ、共演の森川葵が登壇。KADOKAWAホラーを代表する“貞子”も登場し、ホラーヒロイン引継式を実施した
貞子、“ホラーヒロイン”の座を中条あやみへ引継ぎ!祝福のハグで卒倒&救急搬送へ

引継式当日の渋谷109イベント広場には、制服を着た女子学生ほか200人もの人が集まり、会場はまさに本作を象徴するような女学園と化した。MCの呼びかけとともに、主人公・アヤ役の中条あやみとクラスメイト・ミチ役の森川葵が、劇中衣装の制服を着て登場。会場はファンの歓声に包まれ、「Seventeen」モデルとしてのカリスマぶりをみせつけた。

それぞれの役柄について中条は「クラスの憧れ的な存在で、クールビューティ、皆を虜にしてしまう役どころです」、森川は「明るく元気で物語を引っ張っていく存在です」とコメント。今回がスクリーンデビューにして初主演の中条は、普段あまり見ないホラー作品について聞かれ、「幽霊の雰囲気を勉強するために事前に『アナザー』などの作品を見て現場に入りました。でも幽霊のシーンになると怖くて目を隠してしまって…」。これに「意味ないじゃん(笑)」と突っ込んだ森川は、「ホラーDVDのパッケージを見るだけでも怖くて私は見れていないです…」とホラーが苦手なことを明かした。

超絶美少女同士のキスとして話題になったシーンに関して聞かれると、中条は「森川さんの唇が柔らかかったです(笑)」、森川も「中条さんも(笑)」と、はにかみながらコメント。役作りについては、「幽霊っぽさを演じるために貞子さんを参考にしました」(中条)、「呪いがかかって、段々元気が落ちていく時、監督に“もう少し明るく”とアドバイスを受けて、その演技が難しかったです」(森川)と苦労しながら撮影に臨んでいた様子。完成した作品を「現場では和気あいあいとしていたので、大丈夫かな?と思っていましたが、映画を見てとても怖かったので是非、みんなに見てもらいたいです!」(中条)とアピールした。

『劇場版 零~ゼロ~』ホラーヒロイン引継式『劇場版 零~ゼロ~』ホラーヒロイン引継式『劇場版 零~ゼロ~』ホラーヒロイン引継式
その後、突然BGMが流れ、会場全体が不気味な空気に包まれると、観客席から悲鳴が上がり、TV画面から這い出すかのように貞子が登場。会場は一時パニックとなったが、本物の貞子登場に中条は「え、すごい!本物?」、森川も「意外とコンパクトでカワイイ」と、ビクともせず余裕のコメント。

貞子が、「映画をみて怖かった」とMCに耳打ちで感想を述べ、その怖さを証明する証として中条にタスキを授与。新しいホラーヒロインの称号を得た中条は「日本を代表する貞子からタスキを頂いて光栄です!頑張ります!」と喜んだ。さらに、貞子が不穏な足取りで中条に歩みより、お祝いのハグとキスをするも、その瞬間に苦しみだし卒倒!駆けつけた担架で運ばれてしまう騒動へ。会場はざわめきながらも、ストーリーにちなんだ演出に、あたたかい拍手が送られた。

最後に中条は「貞子に負けないくらい怖い作品ですが、怖い中にも美しさがあり、今までにない映画です」、森川も「フィルムで撮影しているので、とても綺麗な映像になっています。是非、大きなスクリーンで見てください」と客席にメッセージを贈り、イベントを締めくくった。
2014年9月18日
『劇場版 零 ゼロ』
2014年9月26日(金) 全国公開
公式サイト:http://www.zero-movie.jp