ニュース&レポート

サンドラ・ブロック×ジョージ・クルーニー『ゼロ・グラビティ』NYプレミアが開催

ゼロ・グラビティ

  • Facebookでシェアする
  • ツイートする
サンドラ・ブロックとジョージ・クルーニーが共演したスペース・サスペンス・エンターテイメント大作『ゼロ・グラビティ』のニューヨークプレミアが、現地時間10月1日(火)、AMCリンカーンスクエアで行われた。
サンドラ・ブロック×ジョージ・クルーニー『ゼロ・グラビティ』NYプレミアが開催

映画『ゼロ・グラビティ』は、地球の上空60万メートルに無限に広がる宇宙を舞台に、無重力空間≪ゼロ・グラビティ≫に、突如放り出されてしまった人間に襲いかかる究極の絶望と、その中で生を渇望する強き女性の姿を描いた感動作。サンドラ・ブロックとジョージ・クルーニーが初共演を果たした本作は、ベネチア国際映画祭で上映されてから、巨匠ジェームズ・キャメロンだけでなく多くの全米批評家から、リアリティ溢れる史上最高の宇宙映像と心ゆさぶる衝撃の感動体験に最上級の称賛を浴び、公開前から早くもアカデミー賞大本命の呼び声も高い。

10月4日(金)からの全米公開を控え、現地時間10月1日(火)、ニューヨークのAMCリンカーンスクエアで盛大に行われたプレミアでは、サンドラ・ブロックとジョージ・クルーニーが、宇宙空間を彷彿とさせるレッド・カーペットならぬ「ブラック・カーペット」に登場。

劇中ではベテラン宇宙飛行士として、サンドラ演じるストーン博士を助け勇気づけるマット・コワルスキーを演じたジョージ・クルーニーは、役柄にちなみ、この映画も震災復興に勇気を与えてくれるかについて聞かれ、「映画というよりは、政治面や経済面での復興が震災復興に直接つながるという理解でいましたが、人々に感動を与えてくれる『ゼロ・グラビティ』が何らかの助けになってくれれば、うれしく思います」とコメント。東京五輪が決定したことを知らされると「東京五輪決定は素晴らしいことだ。もちろん東京(日本)を勇気づけると思うよ」と祝福の声を寄せた。

美しい純白のドレス姿で登場したサンドラ・ブロックは、2度目のオスカー獲得の声が高まっていることについて聞かれると、「この映画は、言語をこえて世界中の人々が共感できる映画だと信じています。監督はまるで一冊の本のように、人々が自分自身の経験や体験をなぞらえることができる作品に仕上げてくれています」と作品への自信を見せた。

また11月上旬に、第39次長期滞在では日本人初のISSコマンダー(司令官)として飛び立つ宇宙飛行士・若田光一氏について聞かれたサンドラは、「そうよね!知ってます! 素晴らしいわよね。無事を祈ってるわ」とエール。そして、アルフォンソ・キュアロン監督が、「ところで、彼女がモジュールの1つに鍵を置いてきてしまったんだ。だからもし彼らがそれを持って帰ってきてくれたら嬉しいね(笑)」と話すと、「口紅と鍵ね。それは私のお気に入りの口紅で、もう作られていないの。だからそれらを持って来てくれたら嬉しいわ。私にとっては大切なことなの(笑)」とウィットにとんだコメントを残してくれた。
2013年10月3日
『ゼロ・グラビティ』
2013年12月13日(金)全国ロードショー<3D/2D同時公開>
公式サイト:http://zerogravitymovie.jp/