特集 『アベンジャーズ』

アベンジャーズ
  • Yahoo!ブックマークに登録
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • ツイートする
  • Facebookでシェアする
2012年、世界で最も観られた"100年に一度の映像プロジェクト"、『アベンジャーズ』。わずか一本の映画のためにマーベルを代表する最強のヒーローたちを集結させ、空前のスケールで描かれるアクションと奥深い人間ドラマを完璧なまでに共存させた、まさに奇跡のエンターテイメント超大作。それぞれの巨大な力ゆえにチームとして戦うことを拒むヒーローたちは、果たして世界を救うことができるのか…?彼らのことを深く知れば知るほど、何倍も楽しんで観ることができる、まさにブルーレイで繰り返し観るのに最適な作品!

大富豪にして天才、そして女好きな"アイアンマン"、アメリカを救った最初のスーパーソルジャー"キャプテン・アメリカ"、最強の女スパイ"ブラック・ウィドウ"、神の国からきた雷神"ソー"、優秀な科学者であり、怒れる巨人"ハルク"、ニヒルな弓の名手"ホークアイ"、そして、シールドの長官"ニック・フューリー"。7人の個性がぶつかり合いながら、世界を救うために『アベンジャーズ』プロジェクトが、今、ご自宅で幕を開ける!
『アベンジャーズ』DVDリリース記念オリジナルグッズプレゼント
地球侵略へのカウントダウンが開始された時、70億人もの人類の未来は、"最強"の力を持つヒーローたちに託された。彼らの名は、"アベンジャーズ"。だが、意思に反して集結させられた彼らはそれぞれの心の傷に囚われ、ひとつのチームとして戦うことを拒み続ける。次第に明らかにされる"アベンジャーズ"の知られざる過去と苦悩…。人類史上最大の敵を前に、果たして彼らは地球を救うことができるのか? それとも…?
  • 『アベンジャーズ』公式サイト
  • 『アベンジャーズ』作品情報

2012年、日本でも世界でもNo.1獲得!

『アベンジャーズ』
全米では「ハリー・ポッターと死の秘宝 PART2」のオープニング興収記録を更新し、世界70カ国、そして日本においても圧倒的な興行成績で初登場NO.1を記録。あの「アバター」を越えて史上最速で全世界興収10億ドルを突破、全世界歴代興行収入ランキングでは『アバター』『タイタニック』に次ぐ第3位にランクイン。そして全米興行収入ランキングでは、なんと『タイタニック』を超え(2012年公開時の興収は除く)第2位にランクインを果たし、2012年、世界で最も観られた映画となった。

歴史的イベントムービーに最強の顔ぶれが勢揃い

『アベンジャーズ』
史上最高の映画を彩るべく、キャストも史上最強の顔ぶれが勢揃い。トニー・スターク=アイアンマンにロバート・ダウニーJr.。キャプテン・アメリカことスティーブ・ロジャースには、クリス・エヴァンス。最強の神ソーは、クリス・ヘムズワース。そして今回、ブルース・バナー=ハルクにはマーク・ラファロが起用されたほか、『アイアンマン』などでカメオ出演を果たしてきた長官ニック・フューリーに名優サミュエル・L. ジャクソン、『アイアンマン2』にも登場したナターシャ・ロマノフ=ブラック・ウィドウにのスカーレット・ヨハンソン、最強の狙撃手でもあるクリント・バートン=ホークアイにジェレミー・レナーが扮している。また、トム・ヒドルストン、ステラン・スカルスガルド、グウィネス・パルトロウら、『アイアンマン』以降のマーベル作品に出演したキャストたちも本作のために集結。そして、本作の日本語版吹替えキャストには、ブラック・ウィドウ役に米倉涼子、司令官ニック・フューリー役に竹中直人、ホークアイ役を雨上がり決死隊の宮迫博之が担当する。

アクションだけじゃない!弱みや欠点を抱えたヒーローが織り成す人間ドラマ

『アベンジャーズ』
監督・脚本は、『トイ・ストーリー』でアカデミー賞脚本賞にノミネートされたジョス・ウェドン。陸・海・空を舞台に前代未聞のスケールで描かれるアクションシーンの数々に加え、≪最強≫であるはずのヒーローたちの弱みや欠点も丁寧に描き出す『アベンジャーズ』。アクション超大作だけにとどまらない、ヒーローたちの奥深い人間ドラマにも注目!

クリス・ヘムズワース ジェレミー・レナー マーク・ラファロ スカーレット・ヨハンソン ロバート・ダウニー・Jr クリス・エヴァンス