映画『HACHI 約束の犬』特集

東京・渋谷駅前の銅像であまりにも有名なハチ公の物語が、海を越えたもう一つの物語として誕生。リチャード・ギア演じるパーカー教授と、一匹の飼い犬HACHIのピュアな絆や無償の愛と信頼の物語が8月8日全国ロードショー。ここでは、HACHIの魅力たっぷりのフォトギャラリーや、HACHIと同じく健気に生きる犬が登場する犬映画をピックアップします。

アメリカ東海岸の郊外、ベッドリッジ駅。夜遅く出張から帰ってきたパーカー・ウィルソン教授(R.ギア)は、一匹の迷い犬に出会い、妻の反対を押し切り、その子犬を飼うことにした。首輪に付けられたタグから「ハチ」と名付けられたその子犬は、パーカーの愛情を受けてすくすくと成長する。いつからか、パーカーの出勤に合わせた送り迎えがハチの日課となり、パーカーとハチの姿はベッドリッジ駅での心和む風景になった。一人と一匹の間に育まれた深い愛情と信頼は続いていくと思われたが...。

ハチ公物語

ハチ公物語
『HACHI 約束の犬』の基となった実話を、1987年に映画化した日本映画。飼い主である上野教授と過ごした日々、そして、教授亡き後も渋谷駅前で待ち続けた忠犬ハチ公と、その姿を見守った人々の姿を描く。

犬と私の10の約束

犬と私の10の約束
犬の立場から飼い主へのメッセージを綴った、作者不詳の短編詩「犬の10戒」をモチーフに製作された物語。一匹の犬、ゴールデン・レトリーバーの“ソックス”と、ひとりの少女のかけがえのない日々を綴る。

マリと子犬の物語

マリと子犬の物語
2004年の新潟県中越地震で孤立した村に取り残された母犬マリと3匹の子犬が、助け出されるまでの日々を描いた、奇跡と感動の実話。誰もいない村で16日間を生き抜いた親子の逞しさに勇気づけられる。

名犬ラッシー

名犬ラッシー
60年以上も世界中で愛される不朽の名作を完全映画化。大好きな少年に逢うために遠く離れたスコットランドから、故郷ヨークシャーまで800キロ走り続けるコリー犬“ラッシー”の姿とその絆を描いた感動作。

クイール

クイール
実在した盲導犬、ラブラドール・レトリーバーの“クイール”の生涯を綴った原作本「盲導犬クイールの一生」を映画化。盲導犬になるべく生まれた犬が、多くの出会いと別れを経験しながら成長する姿を描く。

さよなら、クロ

さよなら、クロ
長野県松本市の高校に実在した野良犬“クロ”の物語を『バタアシ金魚』の松岡錠司監督が映画化。4,800人の生徒たちの青春を見守り、町の人気者となった一匹の犬と、人々の心の交流を暖かく描いた青春ドラマ。

南極物語(日本)

南極物語(日本)
南極の昭和基地で越冬隊とともに上陸し、後に置き去りにされた15匹のカラフト犬が、南極の厳しい環境の中で生き抜こうとする姿を描く。日本中に衝撃と感動をもたらしたタロとジロの実話を基にした物語。

南極物語(アメリカ)

南極物語(アメリカ)
日本で大ヒットを記録した『南極物語』を、ディズニーがリメイク権を獲得し映画化。仲間と助け合いながら、過酷な運命に立ち向かい、奇跡のサバイバルを成し遂げた犬たちの姿を綴った生命と絆のドラマ。