特集 『幸せの教室』

  • Yahoo!ブックマークに登録
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • ツイートする
  • Facebookでシェアする
トム・ハンクスが製作・監督・脚本・主演のすべてを手掛け、ジュリア・ロバーツとの豪華共演で贈るハートフル・ストーリー『幸せの教室』。どんな苦難があっても、新しい事にチャレンジし続けることで自らの幸せをつかんでいくことを描いた本作の見どころをご紹介!
  • 『幸せの教室』作品情報
  • 『幸せの教室』公式サイト
大卒ではないという理由で長年勤めた大型スーパーをリストラされてしまったラリー・クラウン(トム・ハンクス)。再就職のあてもなく落ち込むラリーだったが、心機一転、地元の大学に通うことを決心する。一方、その大学には、いつしか教えることへの情熱を失ってしまった美人教師メルセデス(ジュリア・ロバーツ)がいた。初めての授業に心躍らせるラリーと、重い足取りで教室に向かうメルセデス。人生に希望をなくした2人の出会いはお互いの生き方を大きく変えていく…。
観る者に忘れられない感動を与え続ける名優トム・ハンクス。映画史に残る数々の大ヒット作に出演し、アカデミー賞®に2度輝いた彼が、製作・監督・脚本・主演のすべてを手がけ、オスカー女優ジュリア・ロバーツとの豪華競演を実現。『幸せの教室』は、ハリウッドが誇る2大スターが、今この時代に生きる大人たちに届ける心を込めた贈りもの。誰もが受け取るだけで元気になれる、最高にハートフルな感動作!
トム・ハンクス(ラリー・クラウン)
どこにでもいる中年男のラリー。自分の中に眠る可能性に目覚めて行く姿を、トム・ハンクスが生き生きと演じる。
ジュリア・ロバーツ(メルセデス・テイノー)
いつも仏頂面で、酔っ払っては暴言を吐くメルセデス。ジュリア・ロバーツが、チャーミングな笑顔を取り戻していくまでを演じる。
『幸せの教室』

チャレンジすることの大切さを気づかせてくれるストーリー

本編の主人公ラリー(トム・ハンクス)は仕事人間。大型スーパーで定年まで勤め上げるはずだった。 大学講師のメルセデス(ジュリア・ロバーツ)も教師としての情熱に燃え、充実した結婚生活を送るはずだった。 けれども、人生は最後の最後まで何が起こるか分からない。 そう、これは誰にでも起こり得る、とてもリアルなストーリー。 いくつになっても柔軟な頭と心で新しい経験を楽しめば、 きっと輝く明日が待ち遠しくなるはず。本作はどんな苦難があっても、 新しい事にチャレンジし続けることで自らの幸せをつかんでいくことを描いた心温まるストーリーです。

郷ひろみが、『幸せの教室』TV&ラジオスポットナレーションを担当!

芸能生活40周年を迎えた郷ひろみが、ラリー(トム・ハンクス)の本作での前向きな生き方に共感!チャレンジ&幸せのメッセージを伝えます!