ニュース&レポート

“特徴のない地味な女”と“薄っぺらい男”、井上真央&綾野剛はピカイチ ──『白ゆき姫殺人事件』中村義洋監督インタビュー

白ゆき姫殺人事件

  • Facebookでシェアする
  • ツイートする
「告白」の作家・湊かなえの同名小説を、井上真央、綾野剛共演で映画した『白ゆき姫殺人事件』。化粧品会社の美人社員殺人事件で、疑惑の目を向けられた女性“城野美姫”をめぐり、ワイドショーのディレクターが、同僚・幼なじみなど関係者に取材。それぞれの証言で驚くべき内容が明かされていく…といったストーリーで、過熱報道、ネット炎上、クチコミの衝撃など現代社会ならではの闇が浮かび上がっていく極上のミステリー。本作のメガホンをとったのは、『アヒルと鴨のコインロッカー』『ゴールデンスランバー』の中村義洋監督。映画の公開を前に中村監督に直撃インタビュー。原作やキャストの魅力を伺いました。
“特徴のない地味な女”と“薄っぺらい男”、井上真央&綾野剛はピカイチ ──『白ゆき姫殺人事件』中村義洋監督インタビュー
『白ゆき姫殺人事件』 『白ゆき姫殺人事件』 『白ゆき姫殺人事件』 『白ゆき姫殺人事件』 『白ゆき姫殺人事件』 『白ゆき姫殺人事件』 『白ゆき姫殺人事件』 『白ゆき姫殺人事件』
──湊かなえさんの原作ですが、どんなところに魅力を感じましたか?
監督:ミステリーそのものの展開と、最後のオチですね。ミステリーのオチのところで驚かないと、製作をお断りすることもあるんですが、これはいいなと(笑)。なかなか読めなかった。原作は、登場人物が赤星相手に独白する構成なんですが、皆が勝手なことを言って話をどんどん盛っていく。美姫は美姫で愚かだし、登場人物全員が面白かったので、すぐにやりたいなと思いましたね。自分が読み終わった直後に感じたおもしろさが出るようにしたかった。
──映像化したいと思ったとき、真っ先に浮かんだシーンってどこですか?
監督:原作の美姫の章で、彼女がとある場所に潜伏していて、自分に関する週刊誌(映画ではワイドショー)を読んだ後、自分の手記みたいなのを書き始めるところです。色んな人が登場して事実がねじ曲げられ、いざ本人はどういう人なんだろう…という、その章のわくわく感が、映画でも出るといいなと思いました。インの前に真央ちゃんと話した時も、「あのシーンは、悔しいとか悲しくてワーッと泣き出すんじゃなく、シクシク泣いてください」ってお願いしました。そこだけお願いして、後は好きなように演じてもらいました(笑)。
──胸が締め付けられるシーンでした。
監督:泣くしかないですからね。でも、美姫の章も独白なので、それが本当なのかどうかもわからない。スタッフの間では、美姫の語りが真実だと考えてましたが、そういったところも面白かったですね。
──井上真央さんは、それぞれが語る美姫を演じるのに、微妙な表情の演じ分けしていました。キャスティングは監督の熱望ですか?
監督:今回に限らず毎回、僕から希望は出さないんです。プロデューサーやキャスティングプロデューサーが探してくるんですが、1つの役に対して、名刺大ぐらいの顔写真を並べて選ぶんです。今回は主人公が“地味”なので、並べられた女優さんの写真を見て、「地味だな〜、これでいけるのかな…」と(笑)正直考えたんですけど、その中によく見たら真央ちゃんがいて、ネットやら何やらから探し出したという、地味〜な顔の写真だったんです。これならいける!って決めました。
──あんなに可愛らしいのに“特徴のない地味な女”に徹していて驚きました。
監督:本当によく演じてくれました。オファーして返事が来る前に、たまたま阿部サダヲさんの芝居を見に行って、楽屋の廊下で真央ちゃんとすれ違ったんです。真央ちゃんがオファーを断る気でいたら恥ずかしいので、声をかけなかったんですが(笑)。すごく綺麗でチャーミングな方だったので、「これは断られるな…」と思っていたら、何故か引き受けてくれました(笑)。
──井上真央さんと一緒に仕事をしてみていかがでしたか?
監督:素晴らしいですね。ピカイチだと思います。いろんな役者さんとやってきましたが、真央ちゃんはすごく楽でした。基本的に役柄については大概俳優さんに任せているんですけど、真央ちゃんは役に対してハイレベルな準備をしてくる。完全に任せられるうえに、見ていて楽しいっていうのはなかなかいないので。
──綾野さんも、役に対してすごく準備してくる方と聞きましたが、今回は薄っぺらい役柄でしたね(笑)
監督:よく役を解ってくれましたね。クランクインして何日かは準備していましたけど、「剛君、この役は役作り絶対必要ない」って言っておきました(笑)。現場の助監督とかも、たまに「綾野さん」じゃなくて、レッドスター(赤星のツイッター名)呼ばわりしてました(笑)。「レッドスター」なんて呼ばれると恥ずかしいですよね(笑)。

ただ赤星は記者ですから、綾野君も知り合いの記者にリサーチしたようです。実際は綾野君自身が取材を受ける身ですが、取材の中で、本当に思っていること、伝えたいこととは別の、些末なところが記事になるという経験を何度もしているんです。でもそれは記者が悪いというより、記者とはそういうもので、些末なほうを記事にすると事実がねじ曲げられる可能性もあると分かっているけど、あえてそうしている。でも辛いので、本当に伝えたかったことを、「聞き流しちゃった」ことにして、罪悪感を消す。と言うような事をその記者は話していたようで、綾野君も「事実をねじ曲げる悪人」風に演じなくて良いと思ったようですね。まぁでも、赤星はそこまで至っていない浅い人物なんですけど(笑)。
──劇中の音楽も印象的でした。芹沢ブラザーズにTSUKEMENを起用したのは?
監督:実は僕は知らなかったんですけど、結構早い段階からキャスティングに出てましたね。俳優さんに演じてもらう感じではないというのは初めからあって、どうしようかと思っていたときに、TSUKEMENの名前があがりました。湊さん自身もTSUKEMENのファンだったようで、「もし芹沢ブラザーズが見つからなかったら、TSUKEMENというグループがいますよ」というようなことを話していたようです。
──劇中ではツイッターの会話も効果的に使われていました。
監督:原作は、初めの章で狩野里沙子(蓮佛美沙子)の独白が終わると、巻末にツイッターの赤星のつぶやきが載っているんです。赤星は電話で里沙子の話を聞きながら、手元でツイートし、そこでも別の会話をする。ここを省略しては面白くなくなっちゃうので、映画化権をとる前から考えて、パイロット版のVTRを作ったくらいです。
──監督自身はツイッターなどSNSは利用しないんですか?
監督:しないですね。一度、『ちょんまげぷりん』の撮影中、リレーブログを一週間担当したんですが、やはり映画監督は表現者なので、頑張っちゃうんです(笑)。撮影中に夜中に帰宅して2時間ぐらいやっていたり、そこで楽しんでしまう。映画に対して表現力が削がれちゃう気がして、やめた方が良いと思いました。
──映画での城野美姫のように、監督自身が思う自分と、他人が見ている自分にギャップを感じたりしますか。
監督:それは日々ありますね。僕がこの作品を撮ったらどう思うだろうとか、伊坂幸太郎さんとそういうメールをしたりするんです(笑)。例えば、3年以上前に『怪物くん』を受けた時、色んな人から僕がすでに人気のテレビ番組の映画化を引き受けたことが意外だという反応がありました。僕自身は基本的にどう見られたいというのはないので、ギャップに悩むってことはないですね。
──最後に、この作品をどういう方に、観てもらいたいですか。
監督:若い人ですね。特にツイッターとかをやっている人。うちのお袋は僕の大ファンなんですけど、今回はちょっと75歳には難しいかも(笑)。スタッフでも、美術部に50代の男性がいるんですけど、編集途中の映像を見せたら、「監督、俺ついて行けないわ」って(笑)。ツイッターを知らないとかじゃなく、文字を追うのがついていけないんですね。あのスピード感は、ツイッターをやっている人じゃないと難しいのかもしれない。自分でやってなくても、読むだけって人もいると思いますが、若い人はほぼやってると思うので是非観て欲しいです。
2014年3月25日
『白ゆき姫殺人事件』
2014年3月29日(土) 全国ロードショー
公式サイト:http://shirayuki-movie.jp