浅田家!

「家族」を撮りつづけた一人の写真家と、彼を信じ支えつづけた「家族」の≪実話≫

浅田家!

浅田家!

2020年 日本

監督:

中野量太

配給:

東宝

ジャンル:

ドラマ

公式サイト:

https://asadake.jp/

公開日:2020-10-02

2020年10月2日全国東宝系にてロードショー

  • ツイートする
  • Facebookでシェアする

幼いころ、写真好きの父からカメラを譲ってもらった政志(二宮和也)は、昔から写真を撮るのが大好きだった。そんな彼が、家族全員を巻き込んで、消防士、レーサー、ヒーロー、大食い選手権……。それぞれが“なりたかった職業”“やってみたかったこと”をテーマにコスプレし、その姿を撮影したユニークすぎる《家族写真》が、なんと写真界の芥川賞・木村伊兵衛写真賞を受賞! 受賞をきっかけに日本中の家族から撮影依頼を受け、写真家としてようやく軌道に乗り始めたとき、東日本大震災が起こる——。かつて撮影した家族の安否を確かめるために向かった被災地で、政志が目にしたのは、家族や家を失った人々の姿だった。シャッターを切ることができず、自問自答をくり返す政志だったが、ある時、津波で泥だらけになった写真を一枚一枚洗って、家族の元に返すボランティア活動に励む人々と出会う。彼らと共に《写真洗浄》を続け、そこで写真を見つけ嬉しそうに帰っていく人々の笑顔に触れることで、次第に《写真の持つチカラ》を信じられるようになる。そんな時、一人の少女が現れる。「私も家族写真を撮って欲しい!」それは、津波で父親を失った少女の願いだった——。「一生にあと一枚しか、写真を撮れないとしたら?」彼が選んだのは、“家族”だった—。

父、母、兄、自分の4人家族を被写体にユニークな≪家族写真≫を世に送り出した写真家・浅田政志の2冊の写真集「浅田家」「アルバムのチカラ」を原案に、『湯を沸かすほどの熱い愛』の中野量太監督がオリジナルストーリーで映画化。一人の写真家の人生を通して、≪家族の絆≫、≪写真が持つチカラ≫を色濃く映し出す。主人公・浅田政志を演じるのは二宮和也。弟・政志を温かく見守る兄・幸宏役に妻夫木聡。その他、政志の父役に、平田満、母役に風吹ジュン、政志の幼なじみ若奈役に黒木華、写真洗浄のボランティアで政志が出会う東北の大学院生・小野役に菅田将暉らが脇を固める。

監督:中野量太、出演:二宮和也,黒木華,菅田将暉

予告編・特報