思い、思われ、ふり、ふられ(アニメーション映画)

咲坂伊緒原作漫画を映画化 すれ違う4人の想いを描く青春ラブストーリー

思い、思われ、ふり、ふられ(アニメーション映画)

思い、思われ、ふり、ふられ(アニメーション映画)

2020年 日本

配給:

東宝

ジャンル:

アニメ

公開日:2020-09-18

2020年9月18日(金)全国公開

  • ツイートする
  • Facebookでシェアする

偶然出会った、全くタイプの違う【朱里】と【由奈】、朱里の義理の弟の【理央】と由奈の幼馴染の【和臣】は、同じマンションに住み、同じ学校に通う高校1年生。夢見がちで恋愛に消極的な由奈は、理央に憧れるが、自分に自信がなく一歩踏み出せずにいる。理央はかつて朱里に想いを寄せていたが、親同士の再婚により、気持ちを告げられないまま、想いを胸のうちに抱えていた。また、恋愛に対して現実的な朱里は、率直でどこかつかみどころない和臣のことが気になり出し、割り切れない初めての感情に戸惑う。そして和臣は、ある“秘密”を目撃し、葛藤を抱えることになり…。それぞれの思いは複雑に絡み合い、相手を思えば思うほどすれ違って−。

「ストロボ・エッジ」「アオハライド」の咲坂伊緒の伝説的人気少女コミックで、<青春三部作>の最終章「思い、思われ、ふり、ふられ」が実写&アニメーションでW映画化。4人の高校生たちが繰り広げる恋模様と、毎日の中で自分自身・他者と向き合いながら成長していく姿を瑞々しく描いた、青春ラブストーリー。アニメーション制作は、『劇場版 ソードアート・オンライン-オーディナル・スケール-』のA-1 Pictures。監督をつとめるのは『舟を編む』(第21回文化庁メディア芸術祭アニメーション部門新人賞)の黒柳トシマサ。声の出演には島﨑信長、斉藤壮馬、ヒロインに潘めぐみと、人気・実力を兼ね備えた豪華キャスティングが実現。さらに、潘演じる“朱里”とWヒロインとなる“由奈” を、オーディションを満場一致で勝ち取った大注目の新人声優、鈴木毬花が演じる。

監督:黒柳トシマサ、出演:島﨑信長,斉藤壮馬,潘めぐみ

予告編・特報