山の焚火 デジタルリマスター版

スイスの巨匠フレディ・M・ムーラー伝説の傑作がデジタルリマスター上映

山の焚火 デジタルリマスター版

山の焚火 デジタルリマスター版

Höhenfeuer 1985年 スイス 117分

配給:

ノーム

ジャンル:

ドラマ

公開日:2020-02-22

2020年2月22日(土)よりユーロスペースほか全国順次ロードショー

  • ツイートする
  • Facebookでシェアする

広大なアルプスの山腹。人々から隔絶された地で、ほぼ自給自足の生活を送る4人家族。10代半ばの聾啞の弟は、その不自由さゆえに時に苛立つこともあるが、姉と両親の愛情を一身に受け健やかに育つ。ある日、草刈り機が故障したことに腹を立てた弟は、それを投げ捨て、父の怒りを買う。家を飛び出し山小屋に隠れ、一人で生活をする弟。そこに食料などを届ける姉。二人は山頂で焚火を囲み楽しい時間を過ごすが、やがて姉の妊娠が発覚し……。

ダニエル・シュミットやアラン・タネールらと並び、1960年代後半に起こったスイス映画の新しい潮流「ヌーヴォー・シネマ・スイス」の旗手として知られる、フレディ・M・ムーラー。代表作である『山の焚火』は、ロカルノ国際映画祭で金豹賞(グランプリ)を獲得し、世界にムーラーの名を轟かせた。『山の焚火』と合わせて<マウンテン・トリロジー(山三部作)>を構成する2本のドキュメンタリー映画『我ら山人たち』と『緑の山』を同時公開。民話と山人に惹かれたムーラーが、吸い寄せられるように生まれ育ったスイス・ウーリー州の山岳地帯に戻り、長期取材を敢行。そこから生まれたこれら三部作は、人と自然、そしてまるで現代を予知したかのような今日的問題を、驚くほど大胆な創意と圧倒的な映像で描き出す。

監督:フレディ・M・ムーラー、出演:トーマス・ノック,ヨハンナ・リーア,ロルフ・イリック

予告編・特報