一度死んでみた

広瀬すず主演 “一度死んだ父”を守るため奔走する娘を描いたコメディ映画

一度死んでみた

一度死んでみた

2020年 日本

監督:

浜崎慎治

配給:

松竹

ジャンル:

ドラマ/コメディ

公開日:2020-03-20

2020年3月20日(金)全国ロードショー

  • ツイートする
  • Facebookでシェアする

大学4年生の野畑七瀬は、野畑製薬の社長である父親の計と二人暮らし。研究に没頭する仕事人間で母親の死に際も立ち会わず、何かと口うるさく干渉してくる計のことが大嫌いな七瀬は、「一度死んでくれ!」と日々毒づいている。ところがそんなある日、計が本当に「一度死んで」しまう。実は計の会社では「若返りの薬」を開発しており、その途中で偶然出来上がった「一度死んで2日後に生き返る薬」を飲んだためだった。会社乗っ取り計画を知った計は「一度死んでみる」ことで、社内のスパイ社員を突き止めようとしたのだ。社長が死んでしまったと会社は大騒ぎ。遺言により、七瀬は社長を継ぐはめになる。事情を知らず動揺する七瀬の前に、なんと計が”おばけ”となって現れる…。

「2日間だけ死んじゃう薬」を飲んで仮死状態となった父親をライバル会社の陰謀から守るため、父親が大嫌いな女子大生が奔走する姿を描いたコメディ・ドラマ。主人公・野畑七瀬を演じるのは、コメディ映画初挑戦となる広瀬すず。七瀬の父で製薬会社の社長である計(はかる)に堤真一。計の会社の社員で、存在感が薄すぎるせいで”ゴースト”と呼ばれている松岡役を吉沢亮が演じる。数多くの国民的CMを世に送り出してきたCMプランナー/クリエイティブ・ディレクター澤本嘉光が脚本を手掛け、人気CMを手掛けるCMディレクター浜崎慎治が映画初監督を努める。

監督:浜崎慎治、出演:広瀬すず,吉沢亮,堤真一

予告編・特報