インビジブル・シングス 未知なる能力

透明人間になってしまった12歳の少女の戦いを描いたSFアクション

インビジブル・シングス 未知なる能力

インビジブル・シングス 未知なる能力

INVISIBLE SUE 2018年 ドイツ/ルクセンブルク 96分

配給:

イオンエンターテイメント

ジャンル:

SF

公開日:2020-07-10

2020年7月10日(金)よりイオンシネマ他にて全国順次公開

  • ツイートする
  • Facebookでシェアする

12歳のスーはヒーローコミック好きで、学校に友人もいない。父親は音楽家で出張も多く、母は化学研究に没頭し、自分のことは相手にしてくれない。ある日、母の誕生日をサプライズで祝おうとし研究所に勝手に入り込み、誤って母が開発した化学物質《NT26D》を全身に浴びてしまう。その化学物質のせいでスーは特殊能力を手にしてしまう―。温かいものを触ると、自分が透明人間になってしまうというとんでもない能力だ。母はその能力の危険性をいち早く察知するが、世紀の発明であるその化学物質を狙う謎の組織によって母が誘拐されてしまう。イケメンだけど吃音持ちの転校生トビーと、メカオタクの《アプリ》ことカヤと仲良くなり、母捜しと誘拐の真相を探ることに…。謎の組織はあの化学物質だけでは効果がなく、スーの血液にだけ反応が起きることを知り、スーを標的として狙いはじめる。カヤのずば抜けたメカニカル知識や、人工知能アルフレッドの力を借りて、最終決戦の場所へたどりついた3人。スーに触れることで3人全員が透明人間へと姿を変え、そして戦いの火蓋は切って落とされたー!!

透明人間になってしまった12歳の少女と世界征服を図る悪の組織との戦いを描いたSFアクション。

監督:マルクス・ディートリッヒ、出演:ルビー・M・リヒテンベルク,アンナ・シリン・ハベダンク,ルイ・エッヒハート

予告編・特報