菅田将暉&小松菜奈W主演 出逢いと別れ、再会までの18年間を描く愛の物語

糸

2020年 日本

監督:

瀬々敬久

配給:

東宝

ジャンル:

ドラマ/ラブロマンス

公式サイト:

https://ito-movie.jp/

公開日:2020-08-21

2020年8月21日全国東宝系にてロードショー

  • ツイートする
  • Facebookでシェアする

平成元年生まれの高橋漣と園田葵。北海道で育った二人は13歳の時に出会い、初めての恋をする。そんなある日、葵が突然姿を消した。養父からの虐待に耐えかねて、町から逃げ出したのだった。真相を知った漣は、必死の思いで葵を探し出し、駆け落ちを決行する。しかし幼い二人の逃避行は行く当てもなく、すぐに警察に保護されてしまう。その直後、葵は、母親に連れられて北海道を去ることになった。そのことを知らなかった漣は見送ることすらできないまま、二人は遠く引き離された…。それから8年後。地元のチーズ工房で働いていた漣は、友人の結婚式に訪れた東京で、葵との再会を果たす。北海道で生きていくことを決意した漣と、世界中を飛び回って自分を試したい葵。もうすでに二人は、それぞれ別の人生を歩み始めていたのだった。そして10年後、平成最後の年となる2019年。運命は、もう一度だけ、二人をめぐり逢わせようとしていた…。

中島みゆきが、知人の結婚を祝して作り、1998年にリリース。糸を人に見立てて、男女の出逢いの奇跡と絆の大切さを歌った楽曲「糸」をもとに、出逢いの糸が織りなす愛の奇跡を平成史とともに描いた感動作。主人公の男女を演じるのは、菅田将暉と小松菜奈。これが3度目の共演となり、W主演を飾る。さらに、榮倉奈々、斎藤工、山本美月、倍賞美津子、成田凌、二階堂ふみ、高杉真宙など、主役級キャストが、脇を固める。監督は、『64-ロクヨン- 前編/後編』『8年越しの花嫁 奇跡の実話』の瀬々敬久。原案・企画プロデュースは、『黄泉がえり』『余命1ヶ月の花嫁』の平野隆。さらに、脚本は『永遠の0』の林民夫、音楽を亀田誠治が担当する。

監督:瀬々敬久、出演:菅田将暉,小松菜奈,山本美月

予告編・特報