マイ・バッハ 不屈のピアニスト

20世紀最高のバッハの演奏家ジョアン・カルロス・マルティンスの不屈の物語

マイ・バッハ 不屈のピアニスト

マイ・バッハ 不屈のピアニスト

JOÃO, O MAESTRO 2017年 ブラジル 117分

配給:

イオンエンターテイメント

ジャンル:

ドラマ

公式サイト:

http://my-bach.jp/

公開日:2020-09-11

2020年9月11日(金) ヒューマントラストシネマ有楽町ほか全国公開

  • ツイートする
  • Facebookでシェアする

幼い頃から病弱で家の中で過ごすことが多かったジョアン・カルロスだったが、ピアノを習い始めるとその才能が大きく開花する。めきめきとその才能を伸ばした彼は、20歳でクラシック音楽の殿堂として知られるカーネギーホールでの演奏デビューを飾り、“20世紀の最も偉大なバッハの奏者”として世界的に活躍するまでになる。一流の演奏家として世界を飛び回っていたジョアンだったが不慮の事故により右手の3本の指に障害を抱えてしまう。ピアニストとして生命線である指が動かせなくなった彼は不屈の闘志でリハビリに励み再びピアニストして活動できるまでになる。復帰を果たし自身の代名詞ともいえるバッハの全ピアノ曲収録という偉業に挑戦をしていた彼にさらなる不幸がのしかかる…

“20世紀最高のバッハの演奏家”と称され、リオパラリンピックの開会式の国歌演奏などでも話題となった、ハンディキャップを持ったピアニスト、ジョアン・カルロス・マルティンスの半生を映画化。若くして世界的な活躍をしていたピアニストであるジョアンを襲った不幸、その苦難を幾度も乗り越えていく彼の物語は、ブラジルで公開されるやいなや、週をまたいでボックスオフィスの順位をあげるスマッシュヒットとなった。映画で使用される音源は、全てジョアン自身の演奏によるもので困難を乗り越え⻤気迫る演奏シーンは迫力に満ちた仕上がりとなっている。

監督:マウロ・リマ、出演:アレクサンドロ・ネロ,ダヴィ・カンポロンゴ,アリーン・モラエス

予告編・特報