靴ひも

30年ぶりに一緒に暮らすことになった父と息子を描いたイスラエル発の感動作

靴ひも

靴ひも

LACES 2018年 イスラエル 103分

配給:

マジックアワー

ジャンル:

ドラマ

公開日:2020-10-17

2020年10月17日(土)よりシアター・イメージフォーラムほか全国順次ロードショー

  • ツイートする
  • Facebookでシェアする

母の突然の死により、約30年ぶりに同じ屋根の下で暮らすことになった父と息子。息子は明るく誰に対してもフレンドリーな一方で、皿の上の食べ物の配置から、寝る前のルーティンにまで、生活習慣への独自のこだわりが強く、苦手なことも多い。父はそんな息子にどう接したらよいか手探りで戸惑ってばかり。そんな二人がようやく打ち解けた頃、父は末期の腎不全と診断され、人工透析が必要になる。病状が芳しくない父は、ソーシャルワーカーの勧めで特別給付金を申請することに。その面接の場で、息子は特別な支援が必要であるとアピールするため、靴ひもを結べないふりをするのだが......。

一度は家族を捨てた父と、発達障害のある息子が約30年ぶりに一緒に暮らすことになり、悪戦苦闘しながら本当の親子関係を築くまでを、優しさとユーモアたっぷりに描いた心打たれる感動作。監督を務めたのは、イスラエルの映画・テレビドラマ界で長年活躍するヤコブ・ゴールドヴァッサー。息子役を演じるのは、映画『ボーフォート レバノンからの撤退』やイスラエルの大ヒットドラマ「Prisoners of War」(米ドラマ「HOMELAND」原案)」、「Hostages」(米ドラマ「HOSTAGE/ホステージ」原案)などに出演する実力派のネボ・キムヒ。父親役には、1970年代からテレビドラマの第一線で活躍し、映画『オオカミは嘘をつく』『嘘はフィクサーのはじまり』に出演、近年は Netflix 配信の「シュティセル家の人々」の厳格な家父長役が話題のドヴ・グリックマン。本作では哀愁が滲む演技で観客の笑いと涙を誘い、イスラエル・アカデミー賞 助演男優賞に輝いた。

監督:ヤコブ・ゴールドヴァッサー、出演:ネボ・キムヒ,ドヴ・グリックマン,エヴェリン・ハゴエル

予告編・特報