ラ・ヨローナ ~彷徨う女~

グアテマラ内戦をベースに、中南米の怪奇伝説を取り入れて描いたホラーストーリー

ラ・ヨローナ ~彷徨う女~

ラ・ヨローナ ~彷徨う女~

LA LLORONE 2018年 グアテマラ 97分

配給:

ギャガ

ジャンル:

ホラー

公開日:2020-07-10

2020年7月10日(金)より、シネマカリテ、アップリンク渋谷、アップリンク吉祥寺 ほか全国順次公開

  • ツイートする
  • Facebookでシェアする

「泣いたら、殺す」という言葉と共に、母親と子どもたちは兵士に殺害された―。大勢の犠牲者を出したグアテマラの軍事政権による大虐殺から30年が経ち、当時将軍だったエンリケは虐殺を指揮した容疑で裁判にかけられるが、証拠不十分として無罪となる。国民が糾弾する中、家族と共に屋敷に戻ったエンリケの耳にその夜から不思議な泣き声が聞こえるようになる。ある日新しいメイドのアルマがやってくる。若く美しいアルマは家族に受け入れられ屋敷で働き始めるが、やがて彼女の周囲で奇妙なことが起き始める。

25万人の死者を出したと言われる、1960年から36年もの長きに渡ったグアテマラの内戦の血塗られた歴史をベースに、中南米に伝わる怪奇伝説<ラ・ヨローナ>を取り入れ、悲劇に彩られた歴史と幻想的な世界感を現代の恐怖の物語として描く。監督は『火の山のマリア』で第65回ベルリン国際映画祭 銀熊賞を受賞した新鋭ハイロ・ブスタマンテ監督。

監督:ハイロ・ブスタマンテ、出演:マリア・メルセデス・コロイ,マルガリタ・ケネフィック,サブリナ・デ・ラ・ホス

予告編・特報