武蔵野線の姉妹

ニート&ヲタクな美人姉妹が巻き起こす騒動を描いたコメディ

武蔵野線の姉妹

武蔵野線の姉妹

2012年 日本 91分

監督:

山本淳一

配給:

アイエス・フィールド

ジャンル:

コメディ

公開日:2012-11-17

2012年11月17日(土)よりシネ・リーブル池袋、テアトル梅田ほか全国順次公開!

  • ツイートする
  • Facebookでシェアする

埼玉県某市、武蔵野線沿線のN座駅近くに建つ高級マンションでセレブ生活を満喫している美少女姉妹、緑川蘭子【通称ラン】(加藤)とひかる【パンドラ】(仲谷)。趣味のロリィタファッションに身を包み怠惰な日々を過ごす優雅なニート生活を営んでいた。そんなセレブニートな生活に疑問を感じていたパンドラは、秋葉原のメイドカフェ「姫武者」で働くことを決意する。「我々、姉妹にとって働くということは最も犯してはならない罪!」と血相を変えるランだが、働くことで“リア充”していくパンドラの様子に戸惑いと反発を覚え始め…。

2007年よりウェブコミック「FlexComixブラッド」で連載され、シュールかつナンセンスな笑いの世界が幅広い読者のツボを押さえ、単行本も第5巻が発売された人気の萌えコミックを映画化。才色兼備で巨万の富を持ち、でもニートでヲタクな姉と、BL漫画にはまる妹を中心とした残念な人たちが巻き起こす、衝撃の社会派萌えコメディ。主人公の緑川蘭子【ラン】を加藤夏希。妹のひかる【パンドラ】をAKB48の仲谷明香。そして名古屋から秋葉原に進出してきたネットアイドル、英由良をAKB48の中田ちさと。浜尾京介、日和佑貴、小松彩夏らが出演。監督は、『MEATBALL MACHINE』の山本淳一。

監督:山本淳一、出演:加藤夏希,仲谷明香,中田ちさと