ラスト・ディール 美術商と名前を失くした肖像

「幻の名画」に魅せられた年老いた美術商とその家族の物語

ラスト・ディール 美術商と名前を失くした肖像

ラスト・ディール 美術商と名前を失くした肖像

ONE LAST DEAL 2018年 フィンランド 95分

配給:

アルバトロス・フィルム、クロックワークス

ジャンル:

ドラマ

公式サイト:

http://lastdeal-movie.com/

公開日:2020-02-28

2020年2月28日(金)よりヒューマントラストシネマ有楽町、新宿武蔵野館ほか公開

  • ツイートする
  • Facebookでシェアする

年老いた美術商のオラヴィは、家族よりも仕事を優先して生きてきた。ある日、音信不通だった娘から電話がくる。問題児の孫息子オットーを職業体験のため数日預ってほしいというお願いだった。その矢先、オラヴィはオークションハウスで一枚の肖像画に目を奪われる。価値ある作品だと確信したが、絵には署名がなく、作者不明のまま数日後のオークションに出品されるという。オットーとともに作者を探し始めたオラヴィは、その画風から近代ロシア美術の巨匠イリヤ・レーピンの作品といえる証拠を掴む。どうしても「幻の名画」を手にいれたいオラヴィは資金繰りに奔走するが、その過程で想像もしていなかった娘親子の過去を知る――。

長編デビュー作『Elina(原題)』でベルリン国際映画祭クリスタル・ベア賞受賞、過去4作品がアカデミー賞外国語映画賞フィンランド代表に選出され “フィンランドを代表する監督”と称されるクラウス・ハロ監督が、前作『こころに剣士を』の脚本家と再タッグを組んで描いたヒューマン・ドラマ。近代ロシア美術を牽引しロシア写実主義の旗手として、風俗画や肖像画を数多く手掛けたイリヤ・レーピン(1844-1930)の「幻の名画」に魅せられた老美術商とその家族の物語。主演は、『ヤコブへの手紙』のヘイッキ・ノウシアイネン。

監督:クラウス・ハロ、出演:ヘイッキ・ノウシアイネン,ピルヨ・ロンカ,アモス・ブロテルス

予告編・特報