ネクタイを締めた百姓一揆

岩手県の新幹線請願駅「新花巻駅」の設置を巡る、14年間の物語を映画化

ネクタイを締めた百姓一揆

ネクタイを締めた百姓一揆

2020年 日本 147分

配給:

アルミード

ジャンル:

ドラマ

公式サイト:

http://shinhana-eiga.com/

公開日:2020-11-06

2020年11月6日(金)よりアップリンク渋谷ほかにてロードショー

  • ツイートする
  • Facebookでシェアする

東海道新幹線の大成功から、新幹線が日本中で期待の的になっていた1971年(昭和46年)10月、日本国有鉄道(国鉄)は、東北新幹線基本工事計画を発表。停車駅設置が有力視されていた岩手県花巻市の市民は大きく期待していたが、市の誘致運動の結果、発表された設置予定停車駅は一関、北上、盛岡。そこに花巻の名は無かった。その上、線路も街の中心部を大きく外れていた。その時、数名の市民が立ち上がり、「東北新幹線問題対策花巻市民会議」を発足。市民総決起大会を開催し、一市民の会議ながら、国鉄に直談判に行くなど、駅設置運動を始める。一方、日本国有鉄道は赤字を抱えたまま解消できる算段もつかず、労働組合は暴走し、国民からの非難は大きくなるばかりであった。そして勃発した「スト権スト(ストライキ権奪還ストライキ)」。国鉄は大きな方向転換を迫られていた。果たして、数十億かかるという予算の問題などを解決し、駅は出来るのか?時代に翻弄される国鉄を背景に描く、新幹線請願駅の1つ「新花巻駅」の設置を巡る14年間の物語。

1971年(昭和46年)10月に日本国有鉄道(国鉄)が発表した東北新幹線基本工事計画には設置予定として名前のなかった「新花巻駅」が、市民運動の末、1985年(昭和60年)3月に開業するまでの奇跡の逆転劇を、労働組合の隆盛から国鉄分割民営化へとつながる時代を背景に描いた群像劇。

監督:河野ジベ太、出演:金野佳博,千田秀幸,堀切和重

予告編・特報