燕 Yan

カメラマン今村圭佑初監督作 日本・台湾を舞台に描いた家族の物語

燕 Yan

燕 Yan

2019年 日本 86分

監督:

今村圭佑

配給:

catpower

ジャンル:

ドラマ

公式サイト:

http://tsubame-yan.com

公開日:2020-06-05

2020年6月5日(金)より、新宿シネマカリテ、アップリンク吉祥寺ほか全国順次公開

  • ツイートする
  • Facebookでシェアする

28歳の早川燕は、埼玉の父から台湾・高雄に住む燕の兄・龍心に、ある書類を届けてほしいと頼まれる。燕を中国語で「イエンイエンー燕燕」と呼んだ台湾出身の母は、燕が5歳の時に兄だけを連れていなくなってしまった。母はどんな思いで自分を捨てたのか?なぜ手紙すらくれな
かったのか?あれから20年以上の月日が流れ、燕は様々な思いを抱えて台湾へと旅立つ――。

映画では『星ガ丘ワンダーランド』『帝一の國』『ユリゴコロ』など数多くの話題作で撮影監督を務める若きトップカメラマン今村圭佑の映画長編監督デビュー作。日本と台湾・高雄を舞台に、離れ離れになった家族がそれぞれの苦しく切ない感情を抱えてもがき成長する姿を、印象的な映像と音楽に乗せて描いている。主人公・早川燕役を演じるのは、『きみの鳥はうたえる』『パラレルワールド・ラブストーリー』などに出演する中国・大連出身の俳優、水間ロン。燕の兄・林龍心役に山中崇。兄弟の母・林淑恵役を一青窈が演じる。また、龍心と共同生活をするトニー役をテイ龍進、燕の継母・早川里美役を長野里美、兄弟の父親・早川修一役を平田満が務める。

監督:今村圭佑、出演:水間ロン,山中崇,テイ龍進

予告編・特報