サービス終了のお知らせ
シネマトリビューンは、2021年3月31日を持ちましてサービスを終了いたしました。


これまでご愛顧いただき、誠にありがとうございました。

Virginia ヴァージニア

エドガー・アラン・ポーをモチーフにコッポラ監督が描くゴシック・ミステリー

Virginia ヴァージニア

Virginia ヴァージニア

TWIXT 2011年 アメリカ 88分

ナレーション:

トム・ウェイツ

配給:

カルチュア・パブリッシャーズ

ジャンル:

サスペンス/ミステリー

公式サイト:

http://virginia-movie.jp

公開日:2012-08-11

2012年8月11日(土)より、ヒューマントラストシネマ有楽町ほか全国順次公開

  • ツイートする
  • Facebookでシェアする

サイン会と称し、新作の本を売り歩く日々を送る、売れないオカルト作家のボルティモア(V.キルマー)は、ある日、訪れたスワン・バレーの町で不可解な事件に遭遇。そこでは、数日前に胸に杭を打たれた身元不明の少女の遺体が発見されたばかりであり、ミステリー好きの保安官は、ボルティモアにこの事件を題材とした小説の共著を持ちかける。次回作のアイデアに悩んでいたボルティモアは、詳細を調べるうちに、かつてこの街にエドガー・アラン・ポーが宿泊したとされるチカリング・ホテルで起きた凄惨な事件を知る。さらに謎の少女V(E.ファニング)と出会い、彼女に誘われ、時にエドガー・アラン・ポーの幻影に導かれながら、〈現在と過去〉ふたつの事件の真相を紐解いてゆくが、その先に待っていたのは誰も予想しえない真実だった…。

『地獄の黙示録』『ゴッドファーザー』のコッポラ監督が、あらゆるミステリの原点である作家エドガー・アラン・ポーをモチーフに描いたゴシック・ミステリー。呪われた街で起こった≪現在と過去≫二つの事件の真相を、小説家が謎の少女V.[ヴィー]と共に紐解いてゆく。主人公のオカルト作家ボルティモアに『トップガン』のヴァル・キルマー、二つの殺人事件を繋ぐ謎の少女V.[ヴィー]に『SOMEWHERE』や『SUPER8/スーパーエイト』のエル・ファニング。ナレーションには、コッポラの作品にも数多く出演してきた吟遊詩人トム・ウェイツが参加する。

監督:フランシス・フォード・コッポラ、出演:ヴァル・キルマー,エル・ファニング,ベン・チャップリン