山中静夫氏の尊厳死

中村梅雀&津田寛治 人生の最期を自分の意思で生き抜くことの意味を描いた感動作

山中静夫氏の尊厳死

山中静夫氏の尊厳死

2020年 日本

監督:

村橋明郎

配給:

マジックアワー、スーパービジョン

ジャンル:

ドラマ

公式サイト:

http://songenshi-movie.com/

公開日:2020-02-14

2020年2月14日(金)より、シネスイッチ銀座ほか全国順次ロードショー

  • ツイートする
  • Facebookでシェアする

「私は肺がんなのです」。山中静夫の告白に、医師の今井は面食らう。余命わずかと診断された山中は、生まれ育った信州・浅間山を望む地で死にたいという。そして、自分の最期を迎えるために、妻にも内緒で自らの墓を故郷に造りはじめる。今井はその思いを遂げさせようと決意するが、これまで職業柄多くの死を見つめてきた彼は自らもうつ病を患ってしまう。患者と医師、そして彼らを支える家族がたどり着いた、それぞれの命の在り方とは……。

「ダイヤモンドダスト」で芥川賞を受賞し、寺尾聰主演で映画化もされた「阿弥陀堂だより」などで知られ、現役の医師でもある南木佳士の同名小説を映画化。人が、限られた人生をどう生き、どう死ぬかを、未来の希望とともに描く感動作。がん患者の山中静夫を演じるのは、歌舞伎はもちろん舞台、映画、ドラマと幅広い分野での活躍を見せる中村梅雀。自らも心を病む呼吸器内科医の今井俊行を、2002年『模倣犯』でブルーリボン賞助演男優賞を受賞して以降、唯一無二の存在感を放ち続ける津田寛治が演じる。

監督:村橋明郎、出演:中村梅雀,津田寛治,小澤雄太

予告編・特報