ニュース&レポート

第77回ゴールデングローブ賞ノミネート作品が発表!『マリッジ・ストーリー』『アイリッシュマン』などNetflix映画が席巻

ゴールデングローブ賞

  • Facebookでシェアする
  • ツイートする
12月9日(現地時間)、第77回ゴールデン・グローブ賞ノミネート作品が発表された。本年度の最多ノミネートとなったのは、スカーレット・ヨハンソンとアダム・ドライバー共演の『マリッジ・ストーリー』が6部門。ほか『アイリッシュマン』、『ワンス・アポン・ア・タイム・イン・ハリウッド』が5ノミネートされた。
第77回ゴールデングローブ賞ノミネート作品が発表!『マリッジ・ストーリー』『アイリッシュマン』などNetflix映画が席巻

今年の最多ノミネート作品は、スカーレット・ヨハンソンとアダム・ドライバー共演、『イカとクジラ』のノア・バームバックが監督を務める映画『マリッジ・ストーリー』(Netflixにて独占配信中)。離婚プロセスに戸惑い、子の親としてのこれからに苦悩する夫婦の姿を描き、ドラマ部門にて作品賞、主演女優賞、主演男優賞ほか6部門にノミネートされた。

また同じくNetflix映画で、マーティン・スコセッシ監督による『アイリッシュマン』(Netflixにて独占配信中)が4部門5ノミネート。本作は、全米トラック運転組合のリーダー:ジミー・ホッファの失踪、殺人に関与した容疑をかけられた実在の凄腕ヒットマン:フランク“The Irishman”・シーランの半生を描いた物語で、ロバート・デ・ニーロ、アル・パチーノ、ジョー・ペシなどハリウッドレジェンドとも呼べる豪華キャストが集結している。

ほかにもアンソニー・ホプキンスとジョナサン・プライスが共演する『2人のローマ教皇』(作品賞/主演男優賞/助演男優賞)や、エディ・マーフィ主演の『ルディ・レイ・ムーア』(作品賞/主演男優賞)などNetflix映画が主要部門を席巻。

劇場公開作品としては、クエンティン・タランティーノ監督がレオナルド・ディカプリオ&ブラッド・ピットとタッグを組んだ『ワンス・アポン・ア・タイム・イン・ハリウッド』が主要5部門でノミネート。ホアキン・フェニックス主演の『ジョーカー』は作品賞、主演男優賞、監督賞など4部門にノミネートを果たした。

第77回ゴールデン・グローブ賞授賞結果は、1月6日(日本時間)に発表される。

各部門のノミネートは以下の通り

■作品賞(ドラマ部門)ノミネート
『1917 命をかけた伝令』
『アイリッシュマン』(Netflix
ジョーカー
『マリッジ・ストーリー』(→Netflix
『2人のローマ教皇』(Netflix

■主演女優賞(ドラマ部門)ノミネート
・シンシア・エリヴォ『HARRIET(原題)』
・スカーレット・ヨハンソン『マリッジ・ストーリー』(→Netflix
・シアーシャ・ローナン『ストーリー・オブ・マイライフ/わたしの若草物語』
・シャーリーズ・セロン『スキャンダル』
・レネー・ゼルウィガー『ジュディ 虹の彼方に』

■主演男優賞(ドラマ部門)ノミネート
・クリスチャン・ベイル『フォードvsフェラーリ』
・アントニオ・バンデラス『PAIN AND GLORY(原題)』
・アダム・ドライバー『マリッジ・ストーリー』(→Netflix
・ホアキン・フェニックス『ジョーカー
・ジョナサン・プライス『2人のローマ教皇』(Netflix

■作品賞(コメディ・ミュージカル部門)ノミネート
『ルディ・レイ・ムーア』(→Netflix
『ジョジョ・ラビット』
『ナイブズ・アウト/名探偵と刃の館の秘密』
ワンス・アポン・ア・タイム・イン・ハリウッド
ロケットマン

■主演女優賞(コメディ・ミュージカル部門)ノミネート
・アナ・デ・アルマス『ナイブズ・アウト/名探偵と刃の館の秘密』
・オークワフィナ『フェアウェル』
・ケイト・ブランシェット『WHERE'D YOU GO, BERNADETTE(原題)』
・ビーニー・フェルドスタイン『BOOKSMART(原題)』
・エマ・トンプソン『LATE NIGHT(原題)』

■主演男優賞(コメディ・ミュージカル部門)ノミネート
・ダニエル・クレイグ『ナイブズ・アウト/名探偵と刃の館の秘密』
・ローマン・グリフィン・デイビス『ジョジョ・ラビット』
・レオナルド・ディカプリオ『ワンス・アポン・ア・タイム・イン・ハリウッド
・タロン・エガートン『ロケットマン
・エディ・マーフィ『ルディ・レイ・ムーア』(→Netflix

■助演女優賞ノミネート
・キャシー・ベイツ『リチャード・ジュエル』
・アネット・ベニング『THE REPORT(原題)』
・ローラ・ダーン『マリッジ・ストーリー』(→Netflix
・ジェニファー・ロペス『ハスラーズ』
・マーゴット・ロビー『スキャンダル』

■助演男優賞ノミネート
・トム・ハンクス『A BEAUTIFUL DAY IN THE NEIGHBORHOOD(原題)』
・アンソニー・ホプキンス『2人のローマ教皇』(Netflix
・アル・パチーノ『アイリッシュマン』(Netflix
・ジョー・ペシ『アイリッシュマン』(Netflix
・ブラッド・ピット『ワンス・アポン・ア・タイム・イン・ハリウッド

■監督賞ノミネート
・ポン・ジュノ『パラサイト 半地下の家族』
・サム・メンデス『1917 命をかけた伝令』
・トッド・フィリップス『ジョーカー
・マーティン・スコセッシ『アイリッシュマン』(Netflix
・クエンティン・タランティーノ『ワンス・アポン・ア・タイム・イン・ハリウッド

■脚本賞ノミネート
『アイリッシュマン』(Netflix
『マリッジ・ストーリー』(→Netflix
ワンス・アポン・ア・タイム・イン・ハリウッド
『パラサイト 半地下の家族』
『2人のローマ教皇』(Netflix

■アニメ部門 ノミネート
アナと雪の女王2
『ヒックとドラゴン 聖地への冒険』
ライオン・キング
『MISSING LINK(原題)』
トイ・ストーリー4

■外国語映画賞ノミネート
『フェアウェル』(アメリカ・中国)
『レ・ミゼラブル』(フランス)
『PAIN AND GLORY(原題)』(スペイン)
『パラサイト 半地下の家族』(韓国)
『PORTRAIT OF A LADY ON FIRE(原題)』(フランス)

■作曲賞ノミネート
・アレクサンドル・デスプラ『ストーリー・オブ・マイライフ/わたしの若草物語』
・ヒドゥル・グドナドッティル『ジョーカー
・ランディ・ニューマン『マリッジ・ストーリー』(→Netflix
・トーマス・ニューマン『1917 命をかけた伝令』
・ダニエル・ペンバートン『マザーレス・ブルックリン』

■主題歌賞ノミネート
“BEAUTIFUL GHOSTS” — 『キャッツ』
“I'M GONNA LOVE ME AGAIN” — 『ロケットマン
“INTO THE UNKNOWN” — 『アナと雪の女王2
“SPIRIT” —『ライオン・キング
“STAND UP” — 『HARRIET(原題)』
2019年12月10日