ニュース&レポート

CHEMISTRY 川畑要が『ベルセルク 黄金時代篇III 降臨』エンディングテーマを担当

ベルセルク 黄金時代篇III 降臨

  • Facebookでシェアする
  • ツイートする
三浦建太郎原作のファンタジー超大作コミック「ベルセルク」を映像化する≪ベルセルク・サーガプロジェクト≫。2013年2月1日より公開される、黄金時代篇完結作『ベルセルク 黄金時代篇III 降臨』のエンディングテーマを、CHEMISTRYの川畑要が担当することが決まった。
CHEMISTRY 川畑要が『ベルセルク 黄金時代篇III 降臨』エンディングテーマを担当

ヴォーカル・デュオCHEMISTRYとしての11年のキャリアを経て、2012年10月3日に待望のソロデビューを果たした川畑要。ソロデビュー・シングル「TOKYO GIRL」に続く2ndシングル「breakthrough」が、今回の『ベルセルク 黄金時代篇III 降臨』のエンディングテーマとなる。この楽曲は、川畑がソロデビュー前から温めてきた楽曲をベースに、「ベルセルク」の世界観に共鳴させる形でリメイク。音楽監督をつとめる鷺巣詩郎のアレンジによって、荘厳でスケール感のある力強いバラードに仕上がった。

10代の頃から原作の「ベルセルク」が大好きだったという川畑は、「お話をいただけた時はすごく興奮した」と喜び、楽曲については、「もともと温めてきたオリジナル「breakthrough」の楽曲から、より作品の世界観に共鳴するようにアレンジを変え、また「剣先(きっさき)」というワードや主人公ガッツの姿を思い起こさせるような歌詞を盛り込む事で、壮大なベルセルク版「breakthrough」に生まれ変わったと思います」と自信をみせ、「自分自身が感じるガッツの『叫び』のようなものと、前へ進んでいきたい!という自分の想いが、この楽曲から伝わってくれたら嬉しいです」とコメントを寄せている。

『ベルセルク』黄金時代篇3部作の完結作となる『ベルセルク 黄金時代篇III 降臨』。本作では、修行の旅から帰還したガッツが反逆罪で囚われたグリフィス奪還に成功するが、両手両足の腱を切られ、舌を抜かれたグリフィスに、かつての夢を追う術はなくなっていた…という夢の終わりからはじまり、コミック史上最も過激で挑戦的といわれるシークエンス、<蝕>が描かれる。
2012年11月14日
『ベルセルク 黄金時代篇III 降臨』
2013年2月1日(金)全国ロードショー!!
公式サイト:http://www.berserkfilm.com/