サービス終了のお知らせ
シネマトリビューンは、2021年3月31日を持ちましてサービスを終了いたしました。


これまでご愛顧いただき、誠にありがとうございました。

ニュース&レポート

『ラスト、コーション』の最強コンビ再び!『ブラックハット』ワン・リーホン&タン・ウェイに注目

ブラックハット

  • Facebookでシェアする
  • ツイートする
『ヒート』『コラテラル』の巨匠マイケル・マン監督5年ぶりの最新作『ブラックハット』(公開中)。本作で、『ラスト、コーション』のワン・リーホンとタン・ウェイが兄妹役で再共演し、絶妙なコンビぶりを見せている。
『ラスト、コーション』の最強コンビ再び!『ブラックハット』ワン・リーホン&タン・ウェイに注目

他の追随を許さない演出力と、独特のスタイリッシュな映像美学で“闘う男”を描き続けるマイケル・マン監督。5年ぶりとなる新作のテーマに選んだのは、ネットワークが進化し、どこにいても世界中が標的可能となった現代の闇。本日より公開の『ブラックハット』では、世界中で多発するネットワーク不法侵入による凶悪事件の解決に向け、要求も声明もない“追跡不能”の犯人に迫る。

2007年、女スパイと政府要人との禁断の愛を描き、第64回ヴェネツィア国際映画祭にて金獅子賞を獲得した映画『ラスト、コーション』。この作品での熱演によって世界に名が知られたのが、ワン・リーホンとタン・ウェイ。本作では、主人公ハサウェイの大学時代のルームメイトであり、中国軍サイバー防衛の責任者であるチェン・ダーワイ役をワン・リーホンが演じ、ネットワーク・エンジニアでハサウェイの恋人となるダーワイの妹チェン・リエン役をタン・ウェイが演じている。

『ブラックハット』ワン・リーホン
中国系アメリカ人で、歌手、作曲家、音楽プロデューサー、俳優、映画監督と様々な顔を持つワン・リーホン。彼には、中国の浙江省にルーツを持ち、ニューヨークで生まれ、アメリカで教育を受け、台湾に移り住んだという経歴がある。ダーワイ役にそういった複雑な背景を与えたかったマイケル・マン監督にとって、彼は打って付けの人物。

ワン自身も「この役は僕の弟と似た人生を送っているんです。そういう意味では、自然体で演じることができましたね」と役の境遇が自分にとって身近なものであったことを認めている。しかし、彼が抜擢されたのはそれだけではないと語るのはマン監督。「鋭さや細やかさがすごくあったからなんです。それは監督にとっては最高ですよ。頻繁に疑問を投げかけてくれるし、自身にもかなり厳しいですしね」と、ワンの持つ俳優としての能力を高く評価している。

『ブラックハット』タン・ウェイ
『ラスト、コーション』で世界的に名を上げて以降、様々な作品に出演しアジア各国の賞を獲得しているタン・ウェイ。彼女は自身が演じるリエンについて「彼女は自立心旺盛で頭が切れるんだけれど孤独なんです。それでいて、そこらの男性よりもよっぽど強いんじゃないかしら!」と説明。マン監督はウェイと話した際、彼女と自分が思い描いていたリエンの間に多くの共通項があることに気付いたそう。「会った瞬間、リエン役は彼女に決まりだと確信しましたよ。すばらしい女優だし、人としても自然体で、キビキビしていて、ストレートで、リエンそのものでしたからね」と適役であったことに太鼓判を押している。

これに関しては主演のクリス・ヘムズワースも同意しており、「彼女は最高。才能あるし、シーンに真実味を出すために何度でも疑問を投げかけてくるんです。今回の役柄そのものですよね」と絶賛している。

『ラスト、コーション』では学友として、本作では兄妹として共演したリーホンとウェイ。久しぶりに共演を果たした事についてワンは「ウェイとはオフでもすごく仲がよくて、もともと兄と妹みたいなものなんです。だから自然に演じられました」とコメント。これに対しウェイは「初めて共演した2007年以来、全然変わってないわね。忙しくはなったようだけど(笑)」と語っており、二人の仲のよさが垣間見られる。

キャスティングに強いこだわりを持ち、徹底的なトレーニングを俳優に課すことで知られるマイケル・マン監督。今回も数ヶ月に及ぶトレーニングを課し、撮影に臨んだようだ。そんなマン監督の期待に見事に応えたワン・リーホンとタン・ウェイ。アジアを代表する二人が見せる、体当たりな演技をぜひ劇場で堪能しよう

2015年5月8日
『ブラックハット』
2015年5月8日(金)TOHOシネマズ みゆき座 他全国ロードショー