サービス終了のお知らせ
シネマトリビューンは、2021年3月31日を持ちましてサービスを終了いたしました。


これまでご愛顧いただき、誠にありがとうございました。

ニュース&レポート

「ほぼ日」人気連載を映画化 伊藤淳史主演『ボクは坊さん。』予告編解禁

ボクは坊さん。

  • Facebookでシェアする
  • ツイートする
『ALWAYS 三丁目の夕日』スタッフが「ほぼ日刊イトイ新聞」の人気連載を映画化した『ボクは坊さん。』の予告編が解禁。主演の伊藤淳史、原作者の白川密成、主題歌を担当する吉田山田のコメントも到着した。
「ほぼ日」人気連載を映画化 伊藤淳史主演『ボクは坊さん。』予告編&ポスター解禁

白方光円、24歳。突然の祖父の死をきっかけに書店員の仕事を辞め、四国八十八ヶ所霊場、第57番札所・栄福寺の住職になったばかり。この寺で生まれ育ったけれど、住職として足を踏み入れた“坊さんワールド”は想像以上に奥深いものだった!初めて見る坊さん専用グッズや、個性豊かな僧侶との出会いにワクワクしたり、檀家の人たちとの関係に悩んだり。お葬式や結婚式で人々の人生の節目を見守るのはもちろん、地域の“顔”としての役割もお坊さんには必要。職業柄、人の生死に立ち合うことで“生きるとは何か? 死ぬとは何か?”と考えたりもする。坊さんとしての道を歩み始めたばかりの光円に何ができるのか。何が伝えられるのか。光円は試行錯誤を繰り返しながら、人としても成長していく……。

本作は、糸井重里が編集長を務める「ほぼ日刊イトイ新聞」の人気連載で、24歳の若さで愛媛県今治市にある四国八十八ヶ所霊場五十七番札所の栄福寺住職になった白川密成氏の原作を、『ALWAYS 三丁目の夕日’64』で監督助手を務めるなど、第一線の現場でキャリアを積んできた真壁幸紀が映画化。身近なのにあまり知られることのない「坊さんワールド」の笑って泣けるエピソードとともに、スクリーンに映し出される四国や、開創1200年という高野山の美しい風景も見どころの一つとなっている。

祖父の死をきっかけに24歳で突然住職を務める事になった主人公・白川光円を説得力たっぷりに演じるのは、伊藤淳史。温かく人情味にあふれ、“こんなお坊さんに近くにいてほしい”と誰もが思うような、魅力的な光円像を体現。光円を取り巻く人々を演じるのは、山本美月、溝端淳平、濱田岳、松田美由紀、そしてイッセー尾形など、個性的なキャストたち。それぞれに味のある演技で、感動のドラマを盛り立てる。



主演 伊藤淳史 コメント

この映画は、当たり前の様に繰り返される毎日を描いた作品で、その中で起こる、喜びや悲しみに、生を感じさせてくれる、心温まるストーリーだと思います。お坊さんの役を演じさせて頂き、お寺の世界の厳しさや、美しさを、身をもって感じる事が出来ました。共演者やスタッフの皆様と、今治の空気を感じながら、楽しく撮影に臨む事が出来ました。ロケーションもとても美しいので、是非劇場でご覧下さい。

原作者 白川密成 コメント

僕が原作の中で伝えたかったことは、もしかしたら、ただひとつ。「そこに坊さんがいること」。ただの青年がある日、「坊さん」になって見たシーンは、「ねぇ、こんなことが、あったんだよ」と誰かに話したくなる日々でした。そのひとりが、あなただったら、なんだかうれしいです。もし、この映画をみた人が、誰かの声を久しぶりに聞きたくなったとしたら、それだけで、ありがたいです。

主題歌 吉田山田 コメント

率直にこの書き下ろしの話をいただいた時、とても嬉しかったです。通り過ぎてしまえば懐かしく、どこか愛しい「思春期」も、当時は欲求不満と不安と迷いにまみれていました。そんな気持ちを久しぶりに感じさせてもらえて、この曲を作らせてもらえて、とても光栄です。「Today,Tonight」は僕らにとっても大切な曲になりました。


『ボクは坊さん。』
伊藤淳史
山本美月 溝端淳平
渡辺大知 遠藤雄弥 駒木根隆介 斎藤歩 有薗芳記 松金よね子
濱田岳 / 松田美由紀
イッセー尾形
監督:真壁幸紀
脚本:平田研也
原作:白川密成『ボクは坊さん。』(ミシマ社)
音楽:平井真美子
主題歌:「Today,Tonight」吉田山田(ポニーキャニオン)
配給:ファントムフィルム
(C)2015映画「ボクは坊さん。」製作委員会
公式HP:http://bosan.jp/

10月ロードショー
2015年6月27日
『ボクは坊さん。』
2015年10月24日(土)より、全国ロードショー