ニュース&レポート

サム・ライミ監督の伝説のホラーをリメイク 『死霊のはらわた』“閲覧注意”の衝撃映像解禁!

死霊のはらわた

  • Facebookでシェアする
  • ツイートする
1981年に公開され、全世界を恐怖で覆い尽くしたサム・ライミ監督の『死霊のはらわた』。スプラッター・ブームを巻き起こした伝説の映画が、2013年リメイクで蘇る。オリジナルと同じく邦題が『死霊のはらわた』に決定し、衝撃の特報映像も解禁された。
サム・ライミ監督の伝説のホラーをリメイク 『死霊のはらわた』“閲覧注意”の衝撃映像解禁!
山奥の不気味な小屋を訪れたミアたち5人の男女は、その小屋で禁断の「死者の書」を発見し、死霊を甦らせてしまう。姿なき死霊に憑依され豹変したミアは、仲間たちに襲い掛かる。死霊によって閉ざされた山から出る事も助けを呼ぶ事もできずに、次々に憑依されていく若者たち。彼らに生き残る術はあるのか―。

本作のメガホンをとるのは、新鋭フェデ・アルヴァレズ監督。81年オリジナル版のサム・ライミ監督と、主演のブルース・キャンベルは今回のリメイク版でプロデューサーを務めている。

10月に行われたNYコミコンでも話題を呼んだこの映像は、「大ファンはこのリメイクを待ちきれないよ!」「やべー!待てねえ!」「超怖い…でも好き!」「最後のナイフで舌を切るシーンには激痛が走ったぜ。」と、ファンの間でも評判は上々。しかしながら、そのショッキングな映像からその冒頭には、“閲覧注意”の文言が入れられている。若者5人が、山小屋で見つけた“死者の書”。そこにある呪文を口にしたが最後、死霊が蘇り、次々に憑依しはじめる。映像の前半では悲鳴を上げ「今夜、みんな死ぬわ」と慄くヒロインのミアは、後半では死霊に憑依され激変!ラストの舌を切るシーンはまさに“閲覧注意”のショッキングな映像で、観る人を震え上がらせる。他にも、死霊が憑依した腕を、チェーンソーを使って自分で切り落とす少女など、後半は怒涛の恐怖映像の連続だ。この衝撃の映像に耐える自信のある人は、ぜひ内容を確認してもらいたい。

『死霊のはらわた』は、全米公開2013年4月12日、日本公開は2013年を予定している。

↓“閲覧注意”の衝撃映像はコチラ↓
2012年11月6日
『死霊のはらわた』
2013年5月3日(祝・金)新宿ピカデリー他全国公開
公式サイト:http://harawata.jp