ニュース&レポート

映画『Fukushima 50』期間限定で有料ストリーミング配信へ

Fukushima 50

  • Facebookでシェアする
  • ツイートする
2011年の福島第一原発事故を描いた映画『Fukushima 50』が、期間限定で有料ストリーミング配信されることが決まった。
映画『Fukushima 50』期間限定で有料ストリーミング配信へ

2011年3月11日午後2時46分、東日本大震災発生。そして福島第一原発事故。日本人誰もが経験し、全世界が震撼した福島第一原発事故の関係者90人以上への取材をもとに綴られたジャーナリスト、門田隆将のノンフィクション作品「死の淵を見た男 吉田昌郎と福島第一原発」(角川文庫刊)原作の映画『Fukushima 50』(フクシマフィフティ)が、全国公開中。

賛否両論を激しく巻き起こしながら、公開から約1か月が経過。しかしながら、新型コロナウイルス感染拡大の状況下、多くの映画館が営業を休止していることも重なり「見たくても見に行けない」という数多くの声に応えるべく、期間限定で本作を有料ストリーミング配信することが決まった。

配信の要綱は以下をご参照ください。

配信情報
(*詳細情報は随時公式HPにて更新されます。)
【配信形式】デジタルレンタル配信(TVOD)
【価格】1,900円(税込)
【配信期間】2020年4月17日(金)より随時開始、配信終了日は事態の収束をみて後日決定
【配信サービス】ミレール(お手持ちのムビチケ前売券(オンライン・カード)およびムビチケ当日券を使用しての視聴も可能です。),ニコニコ生放送,Amazon Prime Video,U-NEXT,ビデオマーケット,ひかりTV,GYAO!ストア,楽天TV,クランクイン!ビデオ ほか(予定)

9年前の東日本大震災および福島第一原発事故では、命をかけて東日本壊滅の危機という国難に立ち向かった人たちがいました。そして、2020年。未知のウイルスによる新たな国難がやってきました。いま私たちにできるのは、とにかく外出を避け感染拡大を広げないこと。9年前の事故を風化させず、今そしてこれからの時代をどう生きていくかをもう一度考えるため、この機会にご自宅で『Fukushima 50』を一人でも多くの人にご覧いただけますと幸いです。なお、事態の改善と映画館の営業再開に合わせ、一部の映画館で上映が再開される予定です。お買い求めいただいたムビチケ前売券(オンライン・カード)およびムビチケ当日券は再上映でも使用可能です。
2020年4月17日
『Fukushima 50(フクシマフィフティ)』
2020年3月6日公開
公式サイト:https://www.fukushima50.jp/