ニュース&レポート

山崎賢人主演×又吉直樹原作『劇場』に寛一郎、伊藤沙莉、井口理(King Gnu)、浅香航大ら参加

劇場

  • Facebookでシェアする
  • ツイートする
芥川賞作家・又吉直樹が描く“初の恋愛小説”を行定勲監督が映画化、山﨑賢人と松岡茉優が共演する『劇場』の本ポスター画像が解禁。あわせて寛一郎、伊藤沙莉、井口理(King Gnu)、浅香航大ら追加キャストが発表された。
山崎賢人主演×又吉直樹原作『劇場』に寛一郎、伊藤沙莉、井口理(King Gnu)、浅香航大ら参加
中学からの友人と立ち上げた劇団「おろか」で脚本家兼演出家を担う永田(山﨑)。しかし、その劇団は上演ごとに酷評され、解散状態となっていた。ある日、永田は街で、偶然、女優になる夢を抱き上京し、服飾の学校に通っている学生・沙希と出会う。常に演劇のことだけを考え、生きることがひどく不器用な永田を、沙希は「よく生きてこれたね」と笑い、いつしか二人は恋に落ちる。沙希は「一番安全な場所だよ」と自宅に永田を迎え一緒に暮らし始める。沙希は永田を応援し続け、永田もまた自分を理解し支えてくれる彼女に感じた事のない安らぎを覚えるが、理想と現実と間を埋めるようにますます演劇に没頭していき―。

作家・又吉直樹が “恋愛がわからないからこそ、書きたかった”と語る「劇場」は、演劇の世界で夢を追う主人公・永田と、彼に恋をして必死に支えようとする沙希の、生涯忘れることができない恋を描いた恋愛小説。

映画化にあたり監督を務めるのは、『世界の中心で、愛をさけぶ』『ナラタージュ』等、時代ごとに新たな恋愛映画のマスターピースを贈り続けてきた行定勲監督。主演を務めるのは、興行収入57億円を突破した『キングダム』の大ヒットの記憶も新しい山﨑賢人。演劇に身も心も捧げながら、実生活では社会や周囲の人々とうまく協調できない不器用な青年・永田を、人生初のひげを生やした姿で、これまで見せたことのない表情で演じている。ヒロインを務めるのは、『万引き家族』の松岡茉優。葛藤や迷いを抱えながらも、純粋に彼を愛そうとする健気な沙希を、儚くも愛しく演じている。

解禁となった本ポスター画像では、山﨑と松岡それぞれの切ない表情と、2人の仲睦まじい様子を捉えた画像が配置されており、【夢を追う永田と彼を信じる沙希の、生涯忘れることができない恋】というコピーやタイトルロゴの後ろでクロスする赤と青のラインが、互いに想いあいながらもすれ違ってしまう2人の未来を暗示している様で、何とも言えない哀愁を感じさせる。

さらに山﨑、松岡以外の豪華キャスト陣も一挙解禁。永田(山﨑)と中学時代からの友人で共に劇団「おろか」を立ち上げる野原役に『下忍 赤い影』で主演を務めた寛一郎。劇団「おろか」の元団員・青山役に「全裸監督」「映像研には手を出すな!」など話題作への出演が続く伊藤沙莉。劇団「まだ死んでないよ」の団員・田所役に「あなたの番です」での刑事役で話題となった浅香航大、劇団「まだ死んでないよ」の主宰・小峰役を、昨年紅白出場も果たした人気バンド「King Gnu」のボーカル井口理。他にも上川周作大友律三浦誠己など、若手、ベテラン、更には他ジャンルからも多才な顔ぶれが集結する。
2020年2月14日
『劇場』
2020年7月17日全国公開/配信
公式サイト:https://gekijyo-movie.com/