サービス終了のお知らせ
シネマトリビューンは、2021年3月31日を持ちましてサービスを終了いたしました。


これまでご愛顧いただき、誠にありがとうございました。

ニュース&レポート

“ヤクザ化”を体感!?『極道大戦争』アトラクション型4Dシアター「MX4D」版が公開決定

極道大戦争

  • Facebookでシェアする
  • ツイートする
三池崇史監督、市原隼人主演の映画『極道大戦争』(6/20公開)が、邦画初となるMX4D版で公開されることがわかった。
“ヤクザ化”を体感!?『極道大戦争』アトラクション型4Dシアター「MX4D」版が公開決定

三池崇史監督の最新作『極道大戦争』は、ヤクザヴァンパイアに噛みつかれた人間が、次々とヤクザ化してしまうという完全オリジナルストーリーの極道エンターテイメント。先日、第68回カンヌ国際映画祭《監督週間》にて披露され、カンヌ現地の映画ファンに大喝采&大興奮によって迎えられた。

本作が、“邦画初”のMX4D版として劇場公開される。MX4Dとは、エンタテインメントの本場米国ロサンゼルスに本社をおくMedia Mation社が開発した、最新の「体感型」4Dシアターシステム。映画のシーンに合わせて、客席のシートが前後、左右、上下に動くとともに、首元や足元への振動、風、ミストなど五感を刺激する約11種の特殊効果が連動する。

MX4Dは、既存の4DXよりも細かいモーションを表現できるといい、これまで『ワイルド・スピード スカイミッション』や『メイズ・ランナー』などといった、動きの多い洋画に取り入れられてきた。今回、邦画初となった『極道大戦争』では、アクションシーンが多く、MX4Dに合った作品と判断をうけたため実施にいたった。

映画が新しいエンターテイメントとして「観る」から「体感する」へ進化する中で、邦画界の先陣を切った『極道大戦争』。噛まれるとヤクザ化してしまうその恐怖をMX4Dでしっかり体感しておこう。

MX4D版 『極道大戦争』 上映概要


【実施機関】
■6/20(土)~7/3(金) TOHOシネマズ ららぽーと富士見 
■6/26(金)~7/3(金) TOHOシネマズ 新宿、TOHOシネマズ 六本木ヒルズ

【鑑賞料金】
■TOHOシネマズ ららぽーと富士見 :鑑賞料金+1000円
■TOHOシネマズ 新宿、TOHOシネマズ 六本木 :鑑賞料金+1200円
※身長100cm未満の方はご鑑賞いただけません。

【『極道大戦争』で体験できるMX4Dの効果】
(1)ネックティクラー(首元) …首筋になにかが触れるようなゾクッとした感覚を与えます。
(2)バックポーカー(背後) …背中をつつくような効果で臨場感を高めます。
(3)シートポッパー(突き上げ) …下からの衝撃とともにカーチェイスなどを楽しめます。
(4)ランブラー(地響き) …まるで大地が震えているような地響きを体感できます。
(5)レッグティクラー(足元) …足元に何かが触れるような驚きを演出します。
(6)ウォーターブラスト(水しぶき) …突然の雨などに合わせて水しぶきが飛んできます。
(7)ウインド(風) …そよ風や向かい風など、自然な風を送ります。
(8)エアーブラスト(噴射) …瞬間的な突風があなたの顔に吹き付けます。
(9)フォグ(霧) …山や湖などに広がる霧が静かに辺りを覆います。
(10) ストロボ(閃光) …爆発や雷鳴が轟くシーンで強烈な閃光が走ります。

2015年5月27日
『極道大戦争』
2015年6月20日(土)TOHOシネマズ 新宿 ほか全国ロードショー